神道的生活〜神道とは生きることと見つけたり

神道とは、人生を充実させることと見つけたり

新型コロナの第2波が日本に来るかどうか。これで日本の今後は占える?

2020年5月14日現在、新型コロナウイルスの感染者が減りつつあります。

 

世間はなんとなく緩んだムードに。

 

 

ただここで油断をすると、第二波が到来してくる可能性が高いですね。

韓国ではナイトクラブでのクラスターをきっかけとして、第2波が襲ってきつつあります。

 

 

日本人と社会は新型コロナウイルスを契機として色々と変わらなければいけない。そう以前ブログには書きました。

日本が変わるか変わらないかの最初の試験が、もうすぐそこまで来ています。

 

それが自粛生活が終わったあと、新型コロナの第二波が来るか来ないか。これが日本の今後を占うリトマス紙のような役割をもっています。

 

その理由は単純なんです。

新型コロナの最初の広がりと第二波では、大体同じような理由で広がるからです。

もし同じように第二波も広がってしまえば、日本人は過去と同じ轍を歩んでいるといえます。つまり、日本人は変わっていない。

 

①海外の事例を見ず、他人事としてしか見ていない

②自分の欲望優先で社会の調和を考えない

③自分の命を自分で守る「自分ごと」の精神の欠如

 

 

このようなメンタリティが直接的に感染を広げていった要因です。

一度コロナショックを受けたにも関わらず未だにこのような考えがあれば、日本の将来は悪い方向にむかっていくでしょう。

 

 

今回の第一波は、

命に関係ないジャブ程度のもの。

神様の優しい警告なのかもしれません。

 

 

このようなメンタリティ以外にもっと直さなければいけない部分がたくさんあります。そのとっかかりとして、まず初めに上記の3つのメンタリティを直さなければいけない。上記の3つは、日本人覚醒のための入門編に過ぎないのです。

 

 

今現在の日本の社会の雰囲気は、非常に混沌としているとお伝えしました。良くなるような、悪くなるような、どちらにも転びそうな空気なんですよ。

 

今までと変わらないメンタリティ=社会が悪くなるということ。

もう静観するしかない段階ですが、落ち着いて対処していきたいものです。