神道的生活〜神道とは生きることと見つけたり

神道とは、人生を充実させることと見つけたり

木村花さんのSNS誹謗中傷自殺事件。良くない怨念のようなものが蠢いている。彼女に憑り付いた負のエネルギーとは?

f:id:EitaMido:20200528202228j:image

 

木村花さんは私が全く存じ上げない有名人で、非常に嫌な感じがする事件なので事件詳細は見ていません。何した人かもあまりわかっていません。

 

私のこの事件の解釈については、

若い子がテレビ(あいのりぽいやつ)に出て→それが原因で誹謗中傷されて→自死された

くらいの認識しかありませんし、この記事はそんな認識を元に書いた記事ですのであしからず。

 

ヘッダには彼女の写真を載せてはいるのですが、彼女の写真を見るのも少し怖いレベルの怨念が渦巻いている気がして。とはいっても、私が感じるのは彼女の怨念ではありませんし、彼女の写真自体が怖いわけではないのです。

 

彼女を取りまくエネルギーと、彼女の葛藤の痕跡っぽいのが感じられるから。もしかしたら彼女は生霊に「憑りつかれて」いたのかもしれないと思うほどに。

普段のニュースではこんな事は無いんですが、珍しく写真を見ただけでこんな感じになったので記事にしてみました。

 

 

蠢いている怨念の元は、周りの大人の都合と彼女の葛藤?

 

よくわかんないんだけど、この事件から2つの流れが感じられるんですよね。

①彼女本人のマイナスな感情(絶望とテンパりに近い)

②周りの人たちの「こいつ利用したろ」的なギラギラした感情

なんかこれらが混ざり合って、本当にイヤーな感じで、近づきたくもない事件なんですけど、あえて記事にするという。

 

①木村さん本人のマイナスな感情について

 この事件だけがきっかけではなく、もともと承認欲求と評価の狭間でもがいてきたのかな。何かぼーっとした焦りや不安が常にあって。

 

それに加えて

・人にいいようにされるふがいなさ(プライド?)

・何か嫌なことがあって、これからもこれが続くかも、という不安

・どうしたらいいのか分からない、急に襲ってくる恐怖

これらが引き金となったのかな、って感想。

 

この方をよく知らないし、ニュースとかクリックしないので間違えてると思うけど、私がこの方に対して感じたこと。

 

でも、それよりも、この事件に関するドロドロした部分が私は気になるんですよ。そのドロドロした部分に含まれる感情が怖くて怖くて。

そのドロドロしたエネルギーは、まさしく他人から憑いたもの。それについて次で考察していきます。

 

 

②周りの大人の「利用したろ」と言う欲望が憑りついている?

木村さんご本人より、彼女に憑いている他人のエネルギーのほうが怖い。

 

これは主に2つあると思っていて、

1、自死する前に憑りついたもの

2、事件後に憑りついたもの

について考えてみました。

 

これが生霊なのかどうかはわかりません。ただ、人は死んだ後も負のエネルギーに憑きまとわられることがあるというのが私の持論。

 

先に2の「事件後に憑りついたもの」を先にお話ししておきましょう。

・芸能人の「誹謗中傷に関してのキャンペーン」

・なんか無関係なのに憤っている人

の2つのエネルギ―が主に感じられるのですね。「心にもない悼しみのお気持ち表明」とセットの場合が多い実感です。

ですが、これに関してはツイッターでこのような内容の数々のツイートを見ていました。事前に先入観があったことを合わせて明記させていただきます。

 

 

そして1の「自死する前に憑りついたもの」が一番気になるんですよね。

もちろん視聴率のためにはハプニングが必要で、炎上すれば宣伝にもなるし。そういった意図をもって彼女を動かした関係者がいるのは確か。

 

でもこれは推測ですが、上記の関係者以外に彼女の死を「期待」していた連中がいるかもしれません。誹謗中傷していたバカどもも「死を期待していた」そうなんだけど、彼らじゃない。

 

それよりも「自殺」をゴールにして絵を描いていたやつがいるかもしれん。目的は分からないけど、多分社会を動かすキャンペーン?レベルの大きいものだと思います。

番組を盛り立てる、炎上商法をするレベルなら、普段も感じているんです。でもそれ以上の何かがあるなぁって思って。

ちなみに「死を期待していた」のは番組関係者や彼女のプロデュース周りの人ではない可能性が高い気もする。

 

 

多分このままじゃ彼女はゆっくりと眠れませんよ。

死ぬ前も、死んでからも、こんな「利用してやろう」というエネルギーに憑りつかれて不憫すぎるわ。