神道的生活〜神道とは生きることと見つけたり

神道とは、人生を充実させることと見つけたり

テレビは洗脳のための道具である!事実を報道しないという姿勢。

f:id:EitaMido:20200513224518j:image

 

新型コロナウイルスでは色々なものが透けて見えてきます。

やはり危機というのは、いろいろなものの本性をあぶりだしますね。

 

日本の動向に危機感を覚えている人にとっては常識かもしれませんが、マスメディアの報道にかかわる姿勢に関しても、本性が顕れてきましたので記事にしておきます。

 

 

本来のマスメディアの役割として、事実に基づいて中立的な立場で報道をする義務があります。

本来、対立当事者がいる場合、マスメディアは、公正な客観報道の立場から、対立当事者の言い分・主張を取材し、報道すべき役割があり(略)

引用:

日本弁護士連合会:報道のあり方と報道被害の防止・救済に関する決議

 

「事実に基づいて」というのはどういうことでしょうか?

 

例えばAさんが異性のBさんと話しているとします。

ここからAさんはなぜBさんと話しているのか、何を話していたのか、どこで話していたのか・・・などの事実を取材し、思い込みがなく論理的にありのままを提示することが「事実に基づいた」報道ということになります。

 

 

日本のマスメディアはこれが出来ていない。

それがコロナウイルスで明らかになりました。

 

先ほどのAさんとBさんの例で見てみましょう。

更にひとり登場人物を付け加えてみます。遠くで会話を見ていた「Cさん」。このCさんはBさんのことが好きだという設定で。そしてメンヘラでめんどくさい性格。

そうなると、このAさんBさんの会話を「ありのまま」見れないのはお分かりになると思います。「Aさんが無理矢理Bさんに迫っているにちがいない」「AさんにBさんをとられるのではないか」という妄想が、Cさんの頭の中をめぐっています。

 

その妄想とは、ある意味Cさんが想定している結果。その結果ありきで、AさんBさんの会話を観察してしまうのです。

例えばAさんが「私、あそこの店のパスタが好きなんだよねー」と言えば、Cさんはこの証言を捻じ曲げてとらえるでしょう。

「この女、誘われたいがためにこんなことを?」とあらぬ意図をでっちあげたり、「え、こいつ今『好き』って言ったか?告白してんのか??」と発言の一部だけピックアップしてみたり。

 

 

これが個人の間で起きる出来事であれば「めんどくせぇやつ」ですみますが、マスメディアが行っているとなると、我々は危機感を覚えなくてはなりません。

 

そして残念ながら今回のコロナ騒動では、マスメディアはCさんのような報道をしていることがあぶり出されてしまいました。

 

 

新型コロナウイルス禍では、人の命がかかっていました。

政策により人命が左右されるという状況。

 

そんな中でマスメディアは、みなさんの考え方や感情を意図的に操作しようとしていたのです。これを扇動行為といい、ヒトラーも行っていた世論誘導方法ですね。

 

 

先ほどのCさんの例でいうと、「Aさん=私の恋敵」という結論ありきで、いろいろな事実ではない思い込みを周りに言いふらしている。Aさんの評価を落としたいですから。これをマスコミは行っていることが顕著にわかりました。

 

 

新型コロナの報道では、医者に「安倍政権を批判するようなことを言ってください」とお願いしたり、インタビューの言葉の一部だけを都合よく取り替えて「PCR検査を増やすべき」とインタビュー内容とは真逆のことを主張したりと。

 

村中璃子先生

f:id:EitaMido:20200513223852j:image 

 

澁谷泰介先生

f:id:EitaMido:20200513224149j:image

f:id:EitaMido:20200513224140j:image

 

 

 

この勇気ある医師たちのTwitterでの告発により、テレビ局は謝罪をしたのですが、その内容もなんだかはっきりしないもの。普段自分たちが「政治家へのバッシング」をしているにも関わらず、責任の所在をうやむやにして、なんだかよくわからない理由で謝罪をしていますね。

 

f:id:EitaMido:20200513224303j:image

 

 

この一大事を利用して、自分たちの言いたいことを都合よく垂れ流しているマスコミを皆さんはどう思いますか?

 

いったい何のためのマスコミなのか。

それは扇動(アジテート)の道具のためのものであると、国民が気づくべきだと思います。

 

マスコミはさらっと謝罪して流していますが、これはかなり重要な問題をはらんでいますよ・・・。