神道的生活〜神道とは生きることと見つけたり

神道とは、人生を充実させることと見つけたり

新型コロナウイルスに効くと言われている漢方薬を3つ紹介します!

f:id:EitaMido:20200330182226j:image
新型コロナウイルスが猛威を振るっているこのごろ。

ワクチンはまだ開発されていませんが、漢方薬が効果ありという話もネット上でちらほら。

 

先日フランスの保険局より、イブプロフェンの服用は新型コロナには危険だとする報道が
ありましたね。イブプロフェンではなく、アセトアミノフェンを服用するようにと。

 

その一方、ネット上では中国古来からの伝統薬である「漢方薬」の効能にスポットが当たっています。

今日は漢方薬の中でも、新型コロナウイルスに効くとネットで言われているものについてまとめてみました。

 

 

※効果等を保証するものではありませんので、服用はご自身の責任でお願いします。

 

武漢肺炎に効果のあるとネットで言われている漢方3選

ここでは漢方薬3点のご紹介をさせていただきます。

「葛根湯」「麻黄湯」「清肺排毒湯」の3点ですが、症状の程度に合わせてご紹介します。

繰り返しますが、効果等を保証するものではありませんので、ご利用は自己責任にてお願いいたします。

 

 

発熱するまでは『葛根湯』『麻黄湯』、その後は『清肺排毒湯』を!

 

軽症患者の重症化予防は,感染徴候が少しでもあったら,ごく初期の症状を見逃さずに早めに葛根湯,麻黄湯を服薬する。高齢者は熱産生が弱いので麻黄附子細辛湯が良い。

 

COVID-19は上咽頭のみならず,気道の奥深く肺胞に達するところで増殖し,症状が出てから一気に悪化すると言われている。そうすると発熱を認めた時点で,葛根湯・麻黄湯では対応は不可能と考える。柴葛解肌湯か柴陥湯を処方する。柴葛解肌湯は葛根湯と小柴胡湯を合方すると近いものができる。生薬治療が可能であれば中国で既に効果が実証されている清肺排毒湯を処方するのがよい。

引用:【緊急寄稿】新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する漢方の役割(渡辺賢治ほか)|Web医事新報|日本医事新報社

 

①葛根湯:かっこんとう(予防~症状初期)

みんなご存知葛根湯。

新型コロナに関しては、まずは免疫を落とさない=体調を悪くしない事が重要です。

予防段階から、「あれ、これ風邪ひくかも」という段階で服用するのがベストだそうです。

症状が軽いうちに抑え込めば回復はしやすいとのこと。取り返しがつかなくなる前に服用をして、バッチリと体調管理に努めましょう。

 

成分

葛根
麻黄
桂皮
芍薬
生姜
大棗
甘草

 

麻黄湯と同様に、桂皮に関してはサイトカインストームの原因であるサイトカインを抑制する働きがあります。詳しくは麻黄湯の項目をご参照ください。

 

麻黄湯:まおうとう(症状初期~初期)

2012年にインフルエンザの薬としても国に認められた「麻黄湯」。

こちらは症状が出始めたかな?と言うときにオススメです。

 

サイトカインを抑制する?

麻黄湯には抗ウイルス効果もありますが、患者(宿主)の免疫応答を調整する事も知られています。

新型コロナウイルスの怖いのは、免疫が過剰に反応し暴走する「サイトカインストーム」という現象。免疫が過剰に反応した結果、心臓や胃などの他の臓器に影響を与え、多くの場合は重症や死亡という結果になるというレポートも存在しています。

 

麻黄湯の成分のうち、桂皮と麻黄にはサイトカインの生産抑制の効果があるとされています。これが新型コロナウイルスのサイトカインストームを抑えるかもしれないということです。

 

調合

麻黄(マオウ)
桂皮(ケイヒ)
杏仁(キョウニン)
甘草(カンゾウ)

 

③清肺排毒湯:せいはいはいどくとう(症状初期~)

2019年2月17日から、中国では新型コロナ患者に対して使用し始めました。

厳密にいえば漢方薬ではなく、中医薬と言うものらしいですが・・・。

その効果は投薬試験をした患者の約半数以上が快方へと向かっているということ。

 

清肺排毒湯の作り方!

麻杏甘石湯+胃苓湯+小柴胡湯加桔梗石膏 でほぼ同じになります。

 

「『胃苓湯』は胃腸の機能を整えます。『麻杏甘石湯』は激しい咳や痰(たん)を抑え、『小柴胡湯加桔梗石膏』は喉(のど)の腫(は)れや痛みを和(やわ)らげ、免疫力を高め、ともに抗炎症作用があります」(漢方に詳しい『山口病院』副院長の奥平智之医師)

引用:コロナ重症患者が8割改善…!?中国発「対新型漢方薬」の真偽 | FRIDAYデジタル

 

中国では基本的な投与薬になっている

コロナ重症患者が8割改善…!?中国発「対新型漢方薬」の真偽 | FRIDAYデジタル

1月29日から別の病院で漢方薬治療を始めた専門家チームは2月6日、漢方薬『清肺排毒湯(セイハイハイドクトウ)』の使用を全国に通達している。また、98名の患者に『清肺排毒湯』を投与したところ、投与開始3日後に患者の3割から咳(せき)、8割強から発熱の症状が消え、6日後には79人の患者に症状の改善が見られた、という報告もあった。

 

清肺排毒湯の基本成分

麻黄9g,炙甘草6g,杏仁9g,生石膏15~30g,桂枝9g,沢瀉9g,猪苓9g,白朮9g,茯苓15g,柴胡16g,黄芩6g,姜半夏9g,生姜9g,紫苑9g,冬花9g,射干9g,細辛6g,山薬12g,枳実6g,陳皮6g,藿香9g,石膏15g

 

 

「清肺排毒湯」と「清肺湯」は違うのでご注意を!

さて、そうなると「清肺排毒湯」欲しいですよね。

そこでアマゾンとか見るわけですよ。楽天とか。

まぁヒットしないと。

 

そこで代わりに出てくるのは「清肺湯」というもの。

似てるからこれ買おうって思ったんですが、よくよく調べると清肺排毒湯と清肺湯は別物らしいです。

 

名前はすごく似てますが、この二つは成分が違うということ。

 

他にも

辛夷清肺湯

・清肺解毒湯

 

等もありますが、これらは「清肺排毒湯」ではありません。

だからと言って効果が無いとまではいいませんので、ご利用に関しては自己責任をもってお願いいたします。

 

ちなみに私は清肺排毒湯はネットで手軽に買えないので、麻黄湯を使用しようと思います。