神道的生活〜神道とは生きることと見つけたり

神道とは、人生を充実させることと見つけたり

これぞ神の国?天皇即位の礼での奇跡をまとめてみたけど、もはや伝説。

f:id:EitaMido:20191027230811j:image

2019年10月22日に行われた即位の礼で、様々な奇跡が起きたとTwitterを始めとしたネット界隈で話題が沸騰しています。

 

今回は、即位の礼に起きた奇跡をまとめてみました!!

 

 

天叢雲剣(むらくものつるぎ)効果?で雨が降る

f:id:EitaMido:20191028220318j:image

 2019年10月22日の東京は、朝から午前にかけて雨が降っていました。

雨=うっとおしい・・・とお考えになる方もいるかもしれませんが、日本神話において水の流れと言うのは邪や穢れを祓い、身を清めるためのものになります。

新しく物事を始めるときは、身を清めてゼロのまっさらな状態になることが重要となります。

この雨は祓い清めのための雨だったのではないかと思っています。

 

そしてこの雨は、儀式で使用される三種の神器の一つである「天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)」が引き起こしたものではないかと、Twitterをはじめとするネット界隈では話題になっています。

 

なぜ天叢雲剣が雨を呼び寄せるといわれたの?

最初に申し上げますと、「古事記」や「日本書紀」には天叢雲剣が雨を呼ぶなどという伝説はありません。

その他の歴史書や神話紀にも私が知る限りはそのような記述は無かったと記憶しています。

 

ではなぜ、天叢雲剣が雨を引き寄せるという風になったのでしょうか?

その答えは、おそらくその名前にあると考えています。

 

天叢雲剣とは、スサノオが八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を倒したときに、その尻尾から発見されました。

ヤマタノオロチというのは、皆さんもご存知の通り首が8つあるキングギドラのような怪物ですね。

 

叢雲という字は現代ではあまり見かけない漢字だと思いますが、「雲が群れる」と言う意味ですね。

「叢」という漢字には、密集する・群れるという意味があります。

ヤマタノオロチの首と胴体の間くらいに雲がかかっていたことが由来となっているとのことです。

 

いままでの神話上に記載はなくとも、天叢雲剣という名前がネット上で独り歩きをして、新たな神話を作っているという好例ですね。

 

②儀式開始とともに雨が止む

f:id:EitaMido:20191028220738j:image

 朝から降っていた雨も、即位礼正殿の儀が行われる13時に近づくと雨が止み、太陽が顔を覗かせました。

ネット上ではエンペラーウエザーと言って大変話題になったそうです。

 

皇室の先祖は天照大御神アマテラスオオミカミ)と言われています。

ご存知の通り、天照大御神は太陽の神様。

今回の天気を見て、皇室と日本神話との因果を感じざるを得ませんでした。

 

普通はここまでで、「あーめでたいね!」で終わるんですがねぇ。

ここまではまだまだ準備段階。

 

ここからが神国の本気。

 

③皇居の上に虹がかかる 

 f:id:EitaMido:20191028220337j:image
そしてなんと、皇居の上に虹がかかったのです!!

 

虹は吉兆(瑞兆)と言われています。

中国では、聖帝が生まれた時にその瑞兆として虹が現れたりするとのこと。

 

即位礼正殿の儀は、日本に新しい天皇が霊的に誕生するという儀式です。

そんな誕生の日に、瑞兆である虹が現れる。 

しかも二重の虹。

 

偶然と言えばそれまでですが、その偶然にも何か意味があるのです。

これは令和の時代を占う、いわゆる令和時代のひな形になるような天候ショーだと考えています。

 

www.emmafamiliar.com

 

 

④台風21号が進路変更、台風20号消滅

f:id:EitaMido:20191028220630j:image

去年から今年にかけて、台風の被害が出ています。

千葉の停電や長野の千曲川氾濫など、多くの損害と尊い命が犠牲になりました。

 

そして間髪を開けずに来た、台風20号と21号。

野球で言うと、イチローの次のバッターが王長島というレベルの絶望感。

 

しかしそんな台風も、日本列島に差し掛かる直前で消滅をしたという奇跡が起きました。

 

また、台風で被害に遭われた方も、この即位の礼を見て「気持ちが和らぐ」「台風に負けていられない」と気持ちを新たにしたそうです。

 

河川の氾濫で自宅が浸水し、2階で生活しているという福島県いわき市の大浜稔さん(58)は、「儀式をテレビで見たが、思っていたよりも静かで神々しかった。新しい時代が来た喜びとともに、『災害になんて負けていられない』という気持ちにさせてくれた」と語った。

引用:「気持ち和らぐ」「災害に負けていられない」台風19号の被災者も「即位礼正殿の儀」に思い - 産経ニュース

 

雛形とはこういうものかと、一人考えてしまいました。

また気が向いたらひな形については記事にしたいと思います。

 

台風で被害に遭われた方の心身および経済的な回復を心より願っております。

 

⑤霊峰富士山が、令和最初の初冠雪で雪化粧

f:id:EitaMido:20191028220347j:image

日本を代表する霊山である、富士山が今年初冠雪をして、雪化粧で即位の礼をお祝いしました。

 

ちなみに、今年の富士山の冠雪は例年よりも22日も遅いとのこと。

 

富士山が令和の記念すべき日を待っていたのではないでしょうか? 

 

⑥初冠雪の富士山に雲が取り巻く

f:id:EitaMido:20191028220403j:image

さらに富士山のターンは続く!

初冠雪だけではなく、不思議な形をした雲が周りを取り囲む!!

 

私は少しだけ静岡に住んでいて、富士山を毎日見ていましたが、こんな雲は初めてです。

笠雲という現象は何度か目にしたことがあるのですが、こんなリング状になっている雲を見たのは初めてですね。

 

神々しいです。 

 

静岡浅間神社で季節外れの桜が咲く

f:id:EitaMido:20191028220522j:image

静岡市葵区にある静岡浅間神社では桜が開花したそうです。

静岡の友人いわく、「数十年住んでて初めて聞いた」とのこと。

 

この静岡浅間神社の御祭神にはコノハナサクヤヒメがいます。

コノハナサクヤヒメはお花の神様で、ハナ=桜を意味しています。

 

皇室の先祖・コノハナサクヤヒメもお祝い?

ちなみにコノハナサクヤヒメさんも、皇室の先祖と言われている神様です。

日本と言う国に初めて降りてきたとされる皇室の先祖は邇邇芸命ニニギノミコト)という神様です。

ニニギは天照大御神の孫にあたります。

 

ニニギが鹿児島県の浜辺を歩いていると、美しい女性を見つけて結婚をして子供をもうけます。

その美しい女性こそがコノハナサクヤヒメ。

 

そんな皇室に縁がある神様が祀られている神社の、しかも桜が咲くということはもう奇跡ですわ。

 

www.emmafamiliar.com

 

 

 

さて、このような様々な奇跡が1日で起きました。

 

よく歴史の逸話とかを聞いて「なんかすごいけど嘘でしょー」と思っていましたが、案外そういった話も本当なのかもしれません。

 

私たちの孫やその下の世代に、「令和の即位の日はこんなことが起きてね」って話したら「クソジジイ嘘乙!!」とか言われる日も来るのかもしれませんね!