神道的生活〜神道とは生きることと見つけたり

神道とは、人生を充実させることと見つけたり

「三つ子の魂」で人生の成功が決まる?脳科学と教育者の思想をご紹介!

f:id:EitaMido:20190505204540j:image

日本には「三つ子の魂百まで」ということわざがあります。

 

「3歳までに得た人間性は、その後もずっと続いて変わることはない」という意味だそうです。 

言い換えれば、「人間性は3歳までの育て方で決まってしまう」ということになります。

 

いろいろな教育者や学説が、3歳までの教育の重要性について語っているので、ご紹介をしたいと思います。

 

 

「三つ子の魂百まで」は科学的に証明されている

「三つ子の魂百まで」は日本の諺ですが、海外でも「ゆりかごの中で覚えたことは、墓場まで持っていかれる」という同様の諺があります。

 

そして近年、教育科学が発達したことにより、これらの諺が正しいと証明されつつあります。

 

脳の80%は3歳までに作られる

脳は心の動きと行動の元になる器官ですが、この脳の基本的な仕組みは3歳までで大体作られるということです。

 

思考や感受性が高い人は、脳細胞同士がたくさん結合し、多くのネットワークを作っているといいます。

この脳細胞同士の結合のことをシナプスといいます。

シナプスが多くうまくいっている人ほど、思考力が高く、コミュニケーションなどのEQも高いとされています。

 

そしてこのシナプスは3歳までが発達のピークだと言われています。

この時期にシナプスは8割形作られ、その後はあまり変化なく死ぬまで続くと言われています。

 

3歳までは脳を萎縮させないことも大切

また、脳を作るだけでなく、3歳までは脳を萎縮させないようにしてあげることも大切です。

 

人の脳は、強い不安感や孤独感、強いストレスなどを感じた時に萎縮していきます。

 

発達心理学に「3歳児神話」というものがあります。3歳までは親が子供のそばにいて、しっかりと子育てに専念をするという意味で使われています。

 

3歳までに脳が形作られるため、この期間はストレスや孤独感を与えて脳を萎縮させないようにした方がいいということです。

 

そのために大切なことは、親の無条件の愛を与えてあげることだと言われています。

 

人生の成功を決める非認知能力は、3歳までに決まる?

 

非認知能力という聞きなれない言葉が登場しましたね。

 

計算や記憶などのいわゆる「学校で習う」能力のことを認知能力といいます。

 

それとは別に、共感性や節度、立ち直る力や、やり抜く力などの人間的な力のことを非認知能力と呼んでいます。

 

この非認知能力は、幼ければ幼いほど身につきやすいと言われています。

その理由は、下記のように言われています。

 

脳の発達と関係しているからでしょう。この能力は脳の奥にある大脳辺縁系や脳幹部と関連しています。生命維持や危険の察知、安心感、好き嫌いなどの感覚をつかさどる部分は5歳までに発達をします。

引用:1~3歳が大事!世界が注目する「非認知能力」とは?未来を生き抜く子供たちに必要! | HugKum【小学館公式】

 

我々が生きる社会は、

・生きるための本能をベースに作られている部分

・生きるための本能を捨てて成り立つ部分

の2つの側面からできています。

 

この2つの矛盾する性質をもつ社会で成功するためには、非認知能力の高さが必要なのです。

そしてその非認知能力は、3歳までである程度基礎が作られていくのです。

 

さて、ここからは日本や世界の教育者が、幼児教育の重要性についてどう捉えているかをご紹介いたします。

 

岡潔「信と愛を与え、情緒を育む時期」

日本の誇るスーパー天才数学者の岡潔(おか きよし)は、著者『春宵十話』の中で次のように語っています。

 

まず、一、ニ、三歳は、大自然がもっぱら情緒、つまり心を育てる時期

引用:『春宵十話』

 

一、ニ、三歳では、母が愛と信とを教える

(中略)

この時期に母は子に信をどう教えるかといえば、(母が子供の)信頼を裏切らないようにすれば良いのである。

引用:『春宵十話』

 

岡潔のこの考えは、先ほどご紹介した現代の脳科学とも符合していますね。

岡潔は情緒を大切にしてきた数学者ですが、情緒や心の動きを作るのは、この幼年期にあると言っています。

 

シュタイナー教育

シュタイナー氏はいわゆるスピリチュアル系の考えをもっており、精神世界と科学的な世界をつなぐ思想をもっています。

 

シュタイナーは、7年周期で人間の発達を分類しています。

そして、最初の7年(誕生〜7歳まで)は、その後の人生よりも大切であるといっています。

 

シュタイナー教育では、7歳までは脳を含めた身体を作っていく時期だと定めています。

 

この時期の課題は、体を作ることです。幼児期に体がしっかり成長することが、やがて、意志力とか行動力を生み出すための源になります。

 

子どもは、きれいなものを見ることによって、きれいな心が身に付き、おいしいものを食べることにより、おいしさの味覚が分かるようになります。ですから、この時期は、子どもに吸収されてよいものを身の回りに置くようにします。

 

また、模倣の時期でもあるので、周囲の大人は、模倣されてよい存在でなければなりません。

引用:シュタイナー教育とは?ルドルフ・シュタイナーの教育理念とその特徴 [早期教育・幼児教育] All About

 

シュタイナーも、幼年期は後の人生のベースを作るのだと言っています。

外の刺激をそのまま受け、さらに周りの人を模倣して自分を作っていく時期だとしています。

 

 

モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育とは、「子供には自分を育てる力が備わっている」という思想を軸に、年齢ごとの発達を分類化しています。

 

モンテッソーリ教育では0から6歳を乳幼児教育として分けています。

そして0から3歳児までを、前期という形で区分けしています。

 

乳幼児期とは

もっとも成長、変容する時期。その後の人生を生き抜くために必要な80%の力がこの時期に身につく。

 

0から3歳児までの乳幼児前期とは

意識的に全てのことを吸収する。

人間のもっとも大切な能力である、「歩く」「話す」「手を使う」が確立する。

 

引用:『0から3歳までの実践版 モンテッソーリ教育で才能をぐんぐん伸ばす』著:藤崎達宏

 

同じくモンテッソーリ教育でも、この3年間の時期は大切だと言われています。

 

 

神道でも3歳は特殊な年齢だった

 

わが国では七五三という、子供の成長に関わる儀式があります。

三歳は「髪置き」ということで神前で報告とお祝いをします。

 

この髪置きは、「神置き」なのではないかという説もあります。

 

神様が人(親)に子供を預けていく時期だということです。

3歳までの親の子に対する愛情の深さや接し方をみて、神様が親に子供を預けてもいいのかを判断するという信仰もあったようです。

 

なんにせよ3歳までの発達は、人生の中でも一番大切なもの。 

だからこそ、ベストを尽くしてあげたいですね。