神道的生活〜神道とは生きることと見つけたり

神道とは、人生を充実させることと見つけたり

天孫降臨は元祖スピリチュアル集団!!降臨の目的と意義を明らかにします!

f:id:EitaMido:20190427124550j:image

 

天孫降臨とは?

日本神話でも有名な「天孫降臨」について簡単に説明をしたいと思います。

 

天孫降臨(てんそんこうりん)とは、日本神話において、天孫邇邇藝命(ににぎのみこと)が、天照大御神神勅を受けて葦原の中つ国を治めるために高天原から日向国の襲の高千穂峰へ天降(あまくだ)ったこと。

引用:wikipedia天孫降臨』項より

 

邇邇藝命(ニニギノミコト)という神様が、天界→日本へ降りてきたことを言います。

 

天照大御神は、最初に天忍穂耳命という神様に「葦原中国(日本)を統一しましたから、あなたが行って葦原中国を治めてきなさい」と命を下しました。

しかし天忍穂耳命は「いや、子供生まれたでそっちに行かしますわ」と子であるニニギに天降りを譲ります。

 

ちなみに天忍穂耳命天照大御神の子供なので、ニニギは天照大御神の孫にあたります。

 

こうしてニニギは三種の神器と五伴緒(いつとものお)という神様5人組をはじめとする神々と一緒に天降りをすることになりました。

 

この一連の物語が天孫降臨と呼ばれる神話です。

 

途中で猿田彦が道案内をしてくれたり、鹿児島のビーチで超かわいい子を見つけてテンション上がって子供を産んだりということがありますが、ここでは割愛します。

 

 

天孫降臨の目的は「平和な国を作る」ため!

ニニギが天孫降臨をした目的は何だったのでしょうか?

 

天照大御神の神勅によってニニギは高天原より降臨をしてきたのですが、天照大御神は平和を願ってニニギを送りだしたのです。

 

豊葦原瑞穂国を安国と平けく知ろし食せ

大祓詞』より

 

つまり、「日本を平和な国としてみんなに知らしてくださいね」と天照大御神はニニギに言いました。

 

ここに皇室が今まで大切にしてきた「しらす」という統治方法が爆誕したのです。

 

 

チーム「天孫降臨」はスピリチュアル集団だった

さて、ここで天孫降臨の意義についてもう少し深く考えてみたいと思います。

 

「天から遣わされた」ということはどんな意味があるのでしょうか。

 

それはつまり、天の意思をくみ取り実行していくということに他なりません。

天照大御神=天の意思を聞き取り、現世において成し遂げていく事です。

 

具体的に言うと、「日本を平和な国にしてちょ」という天照の意思を受けているのですね。

 

神社の神主さんは「中取り持ち(なかとりもち)」と呼ばれ、神様と人間の橋渡しをしているのですが、まさに天と人間の間を取り持つ神なのです。

 

そして、神と人を取り持つために必要なものや天の象徴が、ニニギと一緒に降りてきた神々と道具なのです。

 

天孫降臨で、天から現世に降りてきたもの■

 

●五伴緒(いつとものお)の神々

天児屋命アメノコヤネ

・布刀玉命(フトダマ)

・天宇受売命(アメノウズメ)

伊斯許理度売命イシコリドメ

玉祖命タマノオヤ

 

三種の神器

八咫鏡

八尺瓊勾玉

草薙剣

 

●その他の神々

・思金神(オモヒカネ)

手力男神タヂカラオ

天石門別神(アマノイワトワケ)

 

これら神々のメンバーは祭祀や儀式を行うために必須な役職になります。

今風な言い方をすると、現世でスピリチュアルを実現するための集団になるのです。

 

天孫降臨は日本の信仰=神道の「形式」が完成した出来事である

 

現実的な見方をすれば、天孫降臨は日本の信仰の形=神道の形が決まったことを表しているのではないでしょうか。

 

五伴緒(いつとものお)の神々は、儀式や祭祀を司る神様です。

実際に、五伴緒の神々の子孫は、その後においても祭祀や儀式に関連した役職を与えられています。

 

また、思兼神やタヂカラオ神などの同行した神様も、知恵や権力など信仰をするために必要なものを神様にして表しているといえます。

 

また、三種の神器はそれぞれに「天=スピリチュアリティ」の象徴となっています。

 

そしてこれらはすべて現代にも伝わる神道の祭祀や儀式につながるもの。

 

そもそも天照は「日本を武力的に統一した後に、日本を平和的に治めよ」と言っています。

 

日本に点在していた権力を一つにまとめたのはいいのですが、人心は統一されていなかったのだと推測ができます。

 

この時代の民の心は、宗教や信仰と密接につながっていました。人心を統一するためには、日本全国にさまざまに点在する信仰はそのままに、形式だけある程度統一する必要があります。

 

その出来事が「天孫降臨」であったのではないかと考えています。

 

ここの部分は学会や学説でも様々議論がある所で、古代の文献も少ないため、確定したことは言えません。

 

ですが、神話に隠れた歴史を推測していくことも、日本人の心の起源を理解するためには必要なのではないでしょうか。