神道的生活〜神道とは生きることと見つけたり

神道とは、人生を充実させることと見つけたり

我々はこの感情を利用して操られている!

f:id:EitaMido:20190414171815j:image

 

さて我々はゴイム=家畜として日々コントロールされています。

 

 

コントロールといっても、以前の奴隷のように無理やり強制的に働かされるわけではありません。

 

 

テレビやラジオ、雑誌、新聞、さらにはインターネットや動画を通じて、我々の感情や煩悩を巧みに刺激しながら操作をしています。

 

 

これは「陰謀論」でなく、ビジネスモデルとして普通に世の中にまかり通っている事実

 

こういう話をすると、

 

「うわー!陰謀論!!」

 

っていう方がいますが、こんなのは普通にビジネスモデルとして普及しているだけのこと。

 

本屋のビジネス本コーナーに行ってみてください。

 

営業スキルとかマーケティングと称して、人の感情を利用して人を操る本がたくさん売っているじゃないですか。

 

なので、これは普通に皆さんが行なっていることで、陰謀論でも何でもないのです。

 

ただここからが陰謀論的になってくるのですが、

 

基本的に皆さんが儲けたマネーは、最終的にはある人たちの懐に入っていきます。

 

 

「ある人たち」は自らの懐を潤すために、我々に人々の感情を煽らせて金儲けをさせているのです。

 

 

こんな感情を支配され、我々はコントロールされる

 

さて、マーケティングでも営業でもいいのですが、我々がどんな感情を刺激されるとコントロールされやすいのかをリストアップしてみました。

 

ここで挙がった感情は、人間の生存本能において大きな役割を持っています。

つまり、厳しい自然と弱肉強食の生存競争の中で生き残り、子孫を残すために必要だった本能です。

 

それがゆえに、刺激がとても強い情動となり、我々の中に入ってきます。

 

それを利用した方が人が動く=金を払うので、儲かるという訳ですね。

 

 

強欲
復讐
嫉妬
怒り
怠惰
情欲、淫蕩
埋め合わせ
プライド、虚栄
貪り
臆病、恐怖
利己主義

 

 

我々はこのような感情を知らず知らずのうちに刺激されているのです。

 

テレビやユーチューブのCMでも雑誌の広告でも、そのCM構成を突き詰めていけばこのような感情を揺さぶる戦略が隠されているのです。

 

「そんなの分かってるよ!なにが問題なんだよ!」

 

という人もいると思いますが、その考えが生きにくい社会を作る原因になってると思いませんか?

 

 

「苦しみのもと」であるこの感情を肯定する社会構造が作られている

 

上に挙げたこの感情を持つことは苦しいことですよね。

誰もがこの感情を常に抱えて生きるのは辛いことで、避けたいことだと思います。

 

本来なら社会は生存に必要なこれらの感情を極力排除すべきものだと考えています。

 

ホッブスも著書『リバイアサン』の中で、

 

「万人の万人に対する闘争」を避けるために社会は出来上がる

 

という趣旨のことをいっています。

 

つまり、和の力で生きやすくしましょうというのが、本来の社会であるべきなのです。

 

 

ですが、上で挙げた感情を肯定して、わざわざ生きにくくしているのが現代社会ですね。

 

「いや、別に肯定してないし」

 

と言われる方もいるかもしれませんが、

 

・否定せずにその状態を放置し、助長させる

・仕組みを知らずに、それを利用する

 

ことも肯定することと同義なのです。

 

ようするに、

 

社会のひとりひとりがこういった感情を肯定して、

 

自分達の首をジワジワと締め付けているのが現代社会の構図なのですね。

 

 

からしっかりした宗教はこういう感情を「避けるべき」とした

 

昔から続く宗教では、こういった感情を「避けるべきもの」としていました。

 

例えば、キリスト教では7つの大罪として忌むべきものとされています。

 

七つの大罪とは

七つの大罪 キリスト教において罪の根源とされる、七つの悪しき感情・欲望を指す言葉。 原語の通り訳すと「七つの死に至る罪」であり、「七つの罪源」ともいわれる。 一般的に、「傲慢」「嫉妬(ねたみ)」「憤怒」「怠惰」「強欲(貪欲)」「暴食(貪食)」「色欲」の七つのことをいう。

引用:コトバンクより

 

また、仏教にも三毒というものがありますね。

 

三毒とは

三毒(さんどく、梵: triviṣa, トリヴィシャ)とは、仏教において克服すべきものとされる最も根本的な三つの煩悩、すなわち貪・瞋・癡(とん・しん・ち)を指し、煩悩を毒に例えたものである。

 

ちなみに

 

七つの大罪→人を罪に誘うもの

三毒→人の苦しみの元になるもの

 

で、どちらもいい感情でなないことは確かですね。

 

 

また、生きにくくなることのほかに、こういった感情や煩悩を持つ人ほど、人からあやつられやすくなるのです。

 

 

皆さんも他人に操られて生きることにならないように気をつけてくださいねん。