神道的生活〜神道とは生きることと見つけたり

神道とは、人生を充実させることと見つけたり

東国三社の周り方+大洗磯前神社・酒列磯崎神社というフォトジェニックスポットについて

f:id:EitaMido:20190322220918j:image

 

東国三社ってご存知ですか?

関西圏の人にはあんまり馴染みがないかも知れませんが、関東の古代より伝わる由緒正しき神社の総称です。

よく東国三社巡りと言われていますね。

 

ちなみに東国三社とは、

鹿島神宮(かしまじんぐう)

香取神宮(かとりじんぐう)

•息栖神社(いきすじんじゃ)

の総称を言います。

 

この三社は茨城県、千葉県にまたがっており、残念ながら東京都心から少し離れてるのがネックですが、パワースポット好きや歴史・神社好きなら要チェック!!

 

また東国三社という括りではないですが、近くに大洗磯前神社酒列磯前神社という徹底的にフォトジェニックな神社があります。ついでに載せてみますので、是非映えてみてください。

 

東国三社+大洗磯前神社酒列磯前神社の位置関係

f:id:EitaMido:20190316122328j:image

 

ここでは各神社間の位置関係を調べましたので、ご参照ください。

 

 

東国三社間の各神社ごとの距離

 

鹿島神宮-香取神宮

→(下道)26km  52分  (有料道)18km  23分

 

鹿島神宮-息栖神社

→(下道のみ)12km  21分  

 

●息栖神社-香取神宮

→(下道)15km 27分 (有料道)19km 21分

 

東国三社-大洗磯前神社-酒列磯前神社の距離

 

東国三社から大洗磯前神社に一番近いルートは、鹿島神宮から大洗磯前神社となります。

また、こちらは下道(無料道路)のみの通行になります。

 

鹿島神宮-大洗磯前神社→44km  55分

鹿島神宮-酒列磯前神社→54km  1時間2分

大洗磯前神社-酒列磯前神社→10km  17分

 

 

そもそも東国三社って何?

 

東国三社は、古代より利根川下流域に広がる神社の総称を言います。

 

この三社は、もともとは海洋にまつわる信仰の地とされていました。

古代と現代は地形が違い、この三社は「香取の海」と呼ばれる海に面していたと言われています。海洋の安定や航海の安全、海産物の大量などが祈願されたとのことです。

 

また鹿島神宮は、地と海の境目の立地から、「境の地」と呼ばれていました。疫病や外敵などの侵入をスピリチュアル的に防御・ガードするような役割もありました。

 

時代が下り平安時代になると、鹿島神宮香取神宮は「武の神」「軍神」として信仰されるようになります。

 

もともとこの神社の祭神は、香取神宮経津主神(フツヌシノオオカミ)・鹿島神宮武甕槌大神(タケミカヅチノオオカミ)という神様です。

この2柱の神様は、天照大御神の命を受けて出雲の国譲りをする事になった神様です。

 

その武力にあやかって、武道の道場では香取大神宮と鹿島大神宮の掛け軸をかけているところが多くあります。

 

 

神社データ

 

 

鹿島神宮

古くは『常陸国風土記』に鎮座が確認される東国随一の古社であり、日本神話で大国主の国譲りの際に活躍する武甕槌神(建御雷神、タケミカヅチ)を祭神とすることで知られる。

引用:ウィキペディア

 

所在地

茨城県鹿嶋市宮中2306-1

 

祭神

武甕槌大神

 

特徴

 

 

香取神宮

日本神話で大国主の国譲りの際に活躍する経津主神(フツヌシ)を祭神とすることで知られる、全国でも有数の古社である。

引用:ウィキペディア

 

所在地

千葉県香取市香取1697

 

祭神

経津主神

 

 

息栖神社

「おきつせ・おきす = 沖洲」という古称から、香取海に浮かぶ沖洲に祀られた神であると考えられている[5]。祭神が久那戸神(岐神)・天鳥船命であることからも水上交通の神であることが示唆され[5]、鹿島・香取同様に東国開発の一拠点であったという見方もある[5]。

引用:ウィキペディア

 

所在地

茨城県神栖市息栖2882

 

祭神

久那戸神

天鳥船命

住吉三神

 

 

大洗磯前神社 (おおあらいいそさきじんじゃ)

茨城県の東部、太平洋に面した岬の丘上に鎮座する。那珂川対岸のひたちなか市にある酒列磯前神社と深い関係にあると言われ、2社で1つの信仰を形成している。

引用:ウィキペディア

 

所在地

茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890

 

祭神

大己貴命

少彦名命

 

 

 

酒列磯前神社  (さかつらいそさきじんじゃ)

日本文徳天皇実録』によると、斉衡3年(856年)に常陸国鹿島郡の大洗磯前に神が現れたとされる。

そして、大己貴命(大奈母知)が大洗に、少彦名命(少比古奈命)が酒列に祀られ、両社の創建となったと伝えられている。

引用:ウィキペディア

 

所在地

茨城県ひたちなか市磯崎町4607-2

 

祭神

少彦名命

大名持命(大己貴命)