神道的生活〜神道とは生きることと見つけたり

神道とは、人生を充実させることと見つけたり

丁寧に生活をするコツを、魔女から学ぶー映画『西の魔女が死んだ』の名言とともに

f:id:EitaMido:20190226224831j:image

人はみんな

幸せになれるように

できているんですよ

-映画『西の魔女が死んだ』より

 

 

生活が忙しい。

もう少し丁寧に生活をしたい。

そんな気持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

西の魔女が死んだ』という印象的なタイトルの映画から、丁寧に生きる知恵をピックアップしてみました。

 

「西の魔女」とはいっても、この映画はハリーポッターのような魔法使いは出てきません。

魔女というか、仙人をイメージして貰ったほうが近いと思います。

この作品の魔女は、山の中でほぼ自給自足をしているおばあちゃん。

そんな彼女の暮らし方は、都会的で俗世間にまみれた生活を送っている私たちに大きな示唆を与えてくれると思います。

 

この魔女のおばあちゃんは何者なのか?

あらすじと一緒にみていきましょう!!

 

西の魔女が死んだ』のあらすじ

f:id:EitaMido:20190226223203p:image

 

主人公は女子中学生の「まい」。

学校の人間関係で悩んだ彼女は不登校気味になってしまい、大好きな山奥のおばあちゃんの家にしばらく暮らす事になります。

 

おばあちゃんはイギリス人で、教師になるために日本に来て結婚した女性。

作中では、孫のまいを心から愛している様子が伝わってきてほっこり。

 

そのおばあちゃんこそが、魔女の家系を引き継いでいる本物の魔女。

おばあちゃんと一緒に生活をしていく中で、「まい」は魔女になるための修行をすることになります。

 

とはいっても、上に書いたようにほうきに乗って空を飛ぶとか、不思議な力でヴォルデモートを倒すとかそういうファンタジックな魔女ではありません。

虫のしらせを聞いたり、すこしテレパシーとか共感覚があるという程度のものです。

 

なので修行の方法も至って地味。

日々の生活の中で、自分を律して、自分に素直に生きていくという、魔女としての基礎を作っていくという修行の内容です。

中二病真っ盛りの年代のまいにとっては少し期待外れの修行内容なのですが(笑)

 

都会の生活に悩む「まい」と、自然の中で仙人的に暮らしているおばあちゃん。

都会にあくせくしている「まい」が知らない生き方の智慧・考え方をおばあちゃんから学ぶことで、まいは徐々に自分に向き合うことができるようになりました。

 

ひと夏のおばあちゃんとの魔女修行を通じて、まいが精神的に大人になっていくというストーリーです。

 

ちなみにこのおばあちゃんは最後には亡くなります。

まぁタイトルが『西の魔女が死んだ』なので、タイトル通りなんですがねw

のちほど詳細を記載しますが、その死を通じてまいにメッセージを送ります。

 

さぁ、この映画から、魔女になるための方法=丁寧に生きる知恵をピックアップしていきましょう!

 

「西の魔女」に学ぶ、丁寧に生きる秘訣

 

1、自分の決めたことをやり通す

f:id:EitaMido:20190226223225p:image

『魔女になるために一番大切なことは、意志の力です。
自分で決める力、自分で決めたことをやり遂げる力。

まずは自分で朝起きてから寝るまでの時間割を決めてみましょう。』

 

丁寧に暮らすということは、自分で物事をコントロールしているという実感を持つこととも言えます。

まずは感情や、周囲の価値観に流されずに、自分で自分の行動を決めることが大切です。

 

そのためには、自分の今日1日のスケジュールをしっかりと把握しましょう。

やるべきこと、やりたいことをきちんと理解することが第一歩となります。

 

 

 

2、自然と一緒に生きる

f:id:EitaMido:20190226223251p:image

 

この映画のロケ地は長野県とのこと。

自然に囲まれた家が舞台となっています。

 

都会で暮らす人にとっては自然に触れ合うのは難しいと思いますが、公園や水辺、休日に登山など、自然と触れ合う機会をもつとストレスが減ると思います。

 

 

3、規則正しい生活をすること

f:id:EitaMido:20190226223331p:image

『早寝早起き。食事をしっかりとって、よく運動し、規則正しい生活をする。
そういう単純なことがマイにとっては一番難しいことなんじゃないかしら。』

 

日々の規則正しい生活は、健全な精神を育みます。

健全な精神は、生活に余裕を与えてくれます。

 

逆に乱れた生活をしている時を思い出すと、不摂生をしていたり、夜更かしをしたりと、周りに流されていて自分で決める余裕がないと思いませんか?

 

まずは無理にでも、規則正しい生活をしていくといいかもしれませんね。

 

4、家事をしっかりと、じっくりと

f:id:EitaMido:20190226223352p:image

 

自分の生活をきっちりと行うことを心がけましょう。

めんどくさい掃除、洗濯、料理などの家事をひとつひとつじっくりと集中してやりましょう。

 

自分の生活をしっかりとケアしているという実感を持つことができます。

 

 

5、日々の小さな変化や幸せを、五感で感じる

f:id:EitaMido:20190226223408p:image

『あたしには、毎日のちょっとした変化が楽しみです。草木や庭の様子のね。』

 

『それに、身体があると、楽しいこともいっぱいありますよ。

まいは、このラベンダーとお日様の匂いのするシーツにくるまったとき、幸せだと思いませんでしたか?

寒い冬に日向で日向ぼっこをしたり、暑い夏に木陰で涼んだりしたとき、幸せだと思いませんでしたか?』

 

日々、周囲の環境は変化しています。

また、その変化する環境の中で我々は生きています。

 

忙しいと日々の変化や小さな幸せを通り過ぎてしまうことが多いと思いますが、ふと足を止めて、周りを見回してみる余裕も大切です。

 

 

6、好きな小物をつかう

f:id:EitaMido:20190226223457p:image

 

この映画に出てくる小物はとてもおしゃれで可愛いものが多いですね。

毎日使う小物や雑貨だからこそ、自分のお気に入りを持ちましょう。

 

また、時々変わったものを使うのも良いかもしれません。

例えば疲れた夜は、照明ではなくランプを使ったりしても癒されるかもしれませんね。

 

 

7、自分の過ごす空間=家を整える

f:id:EitaMido:20190226223519p:image

 

家は本来、運気を呼ぶ基地となります。

また、家が綺麗であれば、無意識下の自分のイメージも肯定的になってきます。

 

自分が長い時間を過ごす家だからこそ、掃除や整理整頓をし、インテリアなどにも凝っていきたいですね。

 

 

8、直感に固執しない

f:id:EitaMido:20190226223643p:image

『魔女は自分の直感を一番大事にしなければなりません。
でも、その直感に取り憑かれてはダメなのです。
自分の言ってることが真実だと思っているのですね?あんまり上等じゃない魔女たちは、そうやって自滅していきましたよ。』

 

人は見たいものを見る生き物です。

多くの場合、人間関係における第一印象というのは自分のイメージや感情、こうあってほしいなどの欲であることがあります。

 

それを引きずることは、自分の思い込みに振り回され続けるということです。

 

直感を持つことは大事なこと。

でもそれに固執せず、多角的にみることができれば、心に余裕が生まれてきます。

 

 

9、疲れる考え方にエネルギーを使わない

f:id:EitaMido:20190226223602p:image

『マイの心が、疑惑とか憎悪でいっぱいになっているということです。
何かの真相がわかったら、また新しい憎悪や憎しみが生まれるだけだと思いますよ。
そういうエネルギーの動きは、ひどく人を疲れさせると思いませんか?』

 

人は幸せの為に生活をしています。

決して、ストレスを処理する為に生活をしているわけではありません。

 

自分に必要ないことは考えない。

 

ストレスは多くの場合、身体を蝕みます。

一説によると、ヘビの毒に相当する毒素が回るとも言われています。

 

イライラしてる場合じゃなくないですか?

 

 

10、焦らず、気長に待つ

f:id:EitaMido:20190226223539p:image

『焦ってはいけません、時間がかかることもあるんです。』

 

目の前の結果や欲望に振り回されていないでしょうか。

丁寧に生活をするのであれば、自分を持つことが大事です。

 

長い目で見ることで、振り回されずに自分を保つことができるようになります。

 

 

11、どんな状況でもまずは落ち着いて、自分はベストを尽くす

f:id:EitaMido:20190226223713p:image

『まいは挨拶もしないで帰ってきたんでしょう?そんなことをされたらひどく傷つくと思いますよ。』

 

映画の中でのお話です。

主人公のまいは、おばあちゃんの土地で何かをしている男性を発見します。

まいは「あの人、うちの土地を取ろうとしてるよ!」と勘違いをして、挨拶もせずに逃げてきてしまいます。

 

そこでおばあちゃんが言った言葉がこちら。

 

相手が何をしてようと、まずは自分のやるべきことをやること。

今回ならば、きちんと挨拶をした上で、落ち着いて事実を確認することが大切でした。

 

相手が何をしてても、まずは落ち着いて、自分のすべきことをすることが大切です。

 

 

12、魂の成長を重視する

f:id:EitaMido:20190226223732p:image

(まいの「苦しむために身体ってあるみたい」に応えて)
『魂は、身体を持っているから色々なことが体験できているんです。色々なことを体験しなければ、魂は成長できないんですよ。』

『草や木が、光に向かって伸びていくように
魂は成長したがっているんです。』

 

「死んだら、人間は終わりなの?」

という中学生・まいの問いかけです。

 

死んだらそれで終りと考えてしまうと、見えるものしか信じない人間になってしまいます。

そういった人は利益的であり、視野狭窄であり、恩を知らない人間になってしまう危険があります。

 

人間の心は見えないものです。

人のこころを大切にする人間になる為には、結局のところ、見えないものを見る力が必要ではないでしょうか。

 

 

13、気持ちをしっかりと、上手に伝えるスキルを磨く

f:id:EitaMido:20190226223801p:image

おばあちゃん大好き!という発言に対して

『I know』

 

おばあちゃんのセリフは、常に愛情を感じられるものでした。

ですが、押し付けがましくないのです。

 

言いたいことを、素直に上手に伝えることの素晴らしさを味わえる映画です。

 

14、自分のいる場所は正しい?

f:id:EitaMido:20190226223713p:image

『サボテンが水に入る必要はないし、シロクマがハワイより北極で生きることを選んだからと言って、誰がそれを責めますか?』

 

女子特有の、グループ意識。

それが嫌で不登校になったまいに、おばあちゃんがかけた言葉です。

 

壁から逃げてはいけませんが、自分が生きにくい環境からはエスケープすべきでしょう。

自分の生きやすい環境、生きにくい環境を普段から嗅ぎ分ける能力が必要かもしれません。

 

 

15、サンクチュアリをもつ

f:id:EitaMido:20190226223934p:image

 

自分だけが知っている、秘密の場所を持っているといいかもしれませんね。

お気に入りの場所や、なぜか落ち着く場所などがあると、気持ちに余裕が出てきます。

 

16、たまにはお茶と甘いものでも♪

f:id:EitaMido:20190226224010p:image

 

疲れたり行き詰まったときは、お茶と甘いものを用意してほっとする時間を作りましょう。

 

ハーブティージャスミンティーなどのリラックス効果のあるお茶もオススメです。

 

 

17、自分でゆっくりとお菓子やご飯をつくる時間をもつ

f:id:EitaMido:20190226224055p:image

 

自分の食べるものを自分で作る。

食材に感謝しながら、のんびりじっくりと料理をしてみましょう。

 

コンビニやスーパーの出来合いではなく、自分で、自分だけのために食べ物を作ることは、丁寧に時間を使うことになります。

 

18、お花や植物を育てるf:id:EitaMido:20190226224120p:image

 

お花や植物を育ててみましょう。

そこには変化と慈しみがあります。

また、お部屋のインテリアにもなります。

 

 

枯らさないように、可愛いお花や植物を部屋で育てることで、生活に彩りがでてきます!

 

 

つまり、魔女になるための生き方とは?

f:id:EitaMido:20190226224145p:image

『まずは、基礎トレーニングをしなければいけません。
スポーツをするには、体を鍛えなきゃいけないでしよ?それと同じように魔法や奇跡を起こすには、精神力が必要なんです。』

 

『魔女にとって必要なのは、物事の正しい方向をキャッチするアンテナと、何事も自分で決める力です』

 

上で何回も言及してますが、その本質は、

 

周りや出来事や感情に左右されないこと

 

だと思います。

 

その為には、日々の生活をきちんと送ること。

逆説的になりますが、丁寧な生活をする為には、丁寧な生活を送ることが必要なのです。

 

丁寧な生活を送ることで精神力を養い、自分のイメージを高くして、自分のワクワクを見据えて、起きる物事にすぐに反応しない余裕をもつこと。

 

これが丁寧な暮らしをするための条件になってくるのです。

 

さぁ、今日から夜更かしはやめて、明日は早く起きてみましょう♪

 

 

作品詳細

キャスト
編集
おばあちゃん:サチ・パーカー
まい:高橋真悠(公開時SPLASHのサブリーダー)
ママ:りょう
パパ:大森南朋
ゲンジ:木村祐一
郵便屋さん:高橋克実

 

スタッフ
編集
監督:長崎俊一
脚本:矢沢由美長崎俊一
音楽:トベタ・バジュン
主題歌:手嶌葵「虹」(ヤマハミュージックコミュニケーションズ
エグゼクティブ・プロデューサー:豊島雅郎
プロデューサー:柘植靖司、谷島正之、桜井勉
撮影監督:渡部眞
照明:和田雄二
録音:弦巻裕
美術監修:種田陽平
美術:矢内京子
編集:阿部亙英
配給:アスミック・エース
製作:「西の魔女が死んだ」製作委員会(アスミック・エース住友商事テレビ東京WOWOW、京王エージェンシー、IMAGICA、日本出版販売、ディーライツ、ローソンチケット朝日新聞社Yahoo! JAPAN