神道的生活

神道とは、人生を充実させることと見つけたり

五円玉のデザインは希望と安泰の象徴?5円玉をお賽銭する本当の理由と効果的な方法も!

f:id:EitaMido:20180701114106j:image

 

 

5円玉。

かつて日本が消費税5パーセントだった頃に大活躍したコインですね。

 

また、神社でのお賽銭などでも「ご縁がありますように」という願いと共に奉納をすることがあります。

 

さて、そんな5円玉。

皆さんはそのデザインをよく見たことがあるでしょうか?

 

今の5円玉が発行されたのは、戦後間もない1948年のこと。

5円玉のデザインには、焼け野原からの復興を込めた、未来の日本人へのメッセージが込められていたのです。

 

 

 

何が書かれているの?

 

5円玉の表に書かれてるのは、

 

f:id:EitaMido:20180701114121j:image

 

・稲穂

・水平線(稲穂の根元に書かれています)

・歯車(穴の周りにあるギザギザ)

 

そして裏面には

 

f:id:EitaMido:20180701114136j:image

 

・新芽

 

が描かれています。

 

それでは、それぞれのデザインの意味を見ていきましょう!!

 

 

稲穂:農業=自然と共生する知恵

 

f:id:EitaMido:20180701114148j:image

 

もともと、稲作というのは最高神と言われている天照大神が授けたものです。

 

高天原である神の国では稲作をしていますので、あなたたちも稲作しなさいね。籾あげるから。」

 

という斎庭の稲穂の神勅と呼ばれる言い伝えがあります。

そこからも分かる通り、日本の稲作の歴史はかなり古いんですね。

 

そして稲作は自然と共生し、向き合うことが必要になってきます。

日本人が大切に育んできた共生の価値観が、この稲穂のデザインに込められているのです。

 

 

水面:水産業=自然の恵み(命)をいただく知恵

 

f:id:EitaMido:20180701114208j:image

 

5円玉の稲が書かれているが表側なんですが、

表側の下半分に水平線がいくつも書かれていることにお気づきでしょうか?

 

これは水面を表わしており、水産業を意味しています。

 

水産業というと、漁業=魚の命をいただくこと。

自然が育んできたその命を、自分の命の維持のためにいただくことでもあります。

 

「いただきます」

という言葉を教わりますが、その言葉どおり命をいただいて我々は生きています。

 

その感謝を今一度思い出したいものです。

 

 

歯車:工業=人や知識を活かす知恵

 

f:id:EitaMido:20180701114219j:image

 

日本の高度経済成長を牽引してきたのは工業分野でした。

トヨタ松下電器ソニーなどの世界に名だたる企業が我が国にはたくさんあります。

 

工業では、

・科学や技術などの知識

・人の力

を活かしていかなくてはなりません。

 

最近はブラック企業と言われる、人を大切にしない企業が増えています。

 

ですが、会社の原資となるのは人。

そして人が知識な技術を活かすことで、初めて利益が産まれます。

 

人を大切にする日本的経営の原点が、この歯車のデザインに象徴されているのではないでしょうか?

 

 

新芽=新しく発展し続ける創造力と生命力

 

f:id:EitaMido:20180701114227j:image

 

さて、稲穂が書いてあるのと反対側の面。

ここには新芽が書かれていますね。

これは新しく発展し続ける日本を表わしています。

 

当たり前の事ですが、新芽は種を植えないと出てこないですよね。

種は空気中からぱっと出てきませんよね。

種→新芽→花→枯れる→種というサイクルを繰り返してきているという事です。

 

受け継がれていく流れの中で、その流れを大切にしながら新しい時代を創造していく。

そんなダイナミックな生命力が、このデザインから感じることができます。

 

5円玉のデザインは戦後復興と繁栄の象徴

 

さて、上記で見てきたように、5円玉のデザインは戦後復興と繁栄の象徴です。

 

いま私たちが美味しい食べ物をいただいたり、インスタ映えイエーィとかやったり、感動する映画を快適に見れたりするのは、当たり前の事ではありません。

 

自然の恵みと、生き物の命と、先人たちの努力の積み重ねがあってこそなのです。

 

その積み重ねの象徴が、この5円玉に全て込められています。

 

 

5円玉を神社でお賽銭すべき理由と、効果的な方法

 

f:id:EitaMido:20180701114305j:image

 

さて、神社でお賽銭をするときに5円玉を使用しますね。

 

「ご縁がありますように」という意味もあるのですが、それ以外に5円玉をお賽銭すべき理由があるのです。

 

5円玉=感謝と国家安泰の願いを神様に奉納する

 

神社はお願いをする所ではなく、感謝をしにいく場所だと言われています。

そんなの分かってるよ!っていう人も多いと思います。

 

さて、先ほども見たように、5円玉は先人たちの希望と努力などを表わしています。

そしてその上に、我々の命と暮らしがあるのです。 

感謝をせざるを得ませんね。

 

なので5円玉を奉納することは、我々の感謝と希望を奉納することと同じ意味なのです。

 

感謝と希望は神様の大好物ですから、大喜びされると思いますよ。

 

効果的なお賽銭の方法とは?

 

5円玉をお賽銭箱に入れる時がポイント。

 

5円玉をお賽銭するときには、一度5円玉を眺めてみてください。

 

稲穂・水面・歯車のデザインをみて、

 

・自然

・我々の為に犠牲になった命

・先人たちの努力と希望

 

に少しでもいいので想いを馳せ、感謝の気持ちを強めましょう。

 

そして裏面の新芽を見て、今後の我々の社会の安泰と発展の願いを強めることです。

 

 

何度も言いますが、感謝と希望が神様の大好物。 

ぜひ実践してみてください♪