神道的生活

神道とは、人生を充実させることと見つけたり

「女に嫌われる女」「女が嫌う女」の特徴!そしてそういう女は男からも嫌われる理由。


ある職場でのこと。

トラブルメーカーの女性がこぼしたある言葉に衝撃を受けました。


「わたし、女ウケ悪いんだよね」


この世には、
・女に嫌われる女
・女が嫌う女
がいます。


これが友人関係であれば自己責任の一言で片付きますが、職場になるとさぁ大変!!


円滑に業務が回らなかったり、雰囲気が悪くなったりと、職場の雰囲気が重くなり、効率も落ちてしまうでしょう。


まぁぶっちゃけ「女が嫌う女」の事は、男性も嫌っています。
顔に出さないだけだよ。


それはさておき、麗しいトラブルメーカーさんに送る記事です!


なぜ同じ女性に嫌われるの?嫌われる人の共通点とは!


ややこしいこといいますね。

女に嫌われる女は、人間として嫌われる人となんか少し違う特徴がある気がします。

女性が陥りがちな思考や行動パターンというのが関係してるのでしょうか?

今回は10個その特徴をあげました。
この10個の特徴は、やはり男性にはあまり見られないような気がします。

あるあるwwとかねーよ!とか思いながら、軽い気持ちで見て下さいね。

1.甘ったれてる

女の弱さを出す人はいけませんね。

同じ職場にいる他の女性が弱音を吐かずに頑張っているにも関わらず、人前で弱音を吐いて甘ったれてる女性。

若い子ならまだ可愛いものの、オバさんが弱音を吐くと男子もイラっとしますよ!

2.自分さえ良ければOK、関係する部署などへの気遣いナシ!

例えば、様々な人が連携するような業務に多いケースです。

自分の最低限の仕事しかしないで、あとの事はすべて丸投げ。

報連相が出来ない
・情報などが間違えてる
・後始末をしない、やりっぱなし

などの思いやりのない仕事の仕方は、査定にも響いてきます。

3.仕事はチームプレイということを理解してない

これは2と似ているのですが、仕事はみんなで完成させるものという事を忘れている方がいます。

仕事にいっぱいいっぱいにならずに、広い視野で仕事を捉えてみるといいかも知れません。

4.自分の非を認めない

注意などをすると、言い訳や逆ギレをしたり、反抗をするパターン。

その人にはその人の言い分があるのは100も承知。
ですが、そこをグッと堪えて改善をするのが社会人ではないでしょうか?

5.仕事をしないくせに、影で悪口を言ったり、腹黒さを見せたりする

男女問わずに陰口を叩くのはこの世の常。

ですが、普段仕事をしないのに愚痴ばかり言っている人にはイラっと来ますよね。

それに加えて、仕事の実力ではなく、政治や上司への媚びなどでいい評価を得ている方も多くいます。

そういうタイプに限って外ヅラがいいので、腹黒さを見た時のギャップにドン引きしてしまいます。

6.イタ〜い勘違いをしている、認識が甘い

「私は仕事ができる」
「もっと給料をあげるべき」
「私が嫌われてるのは、嫉妬されてるから」

こういったイタい勘違いの原因は、自分への評価と周りの評価との間にギャップがあることです。

そのギャップを生む原因は、自己愛や劣等感などの内面からくるものが多いですね。


まぁぶっちゃけね、誰でもイタい勘違いのひとつやふたつあるんですよ。
それを出すか出さないかの違い。

そしてイタい勘違いを外に出してしまう人は、自分が100パーセント正しいと思ってる人が多いのではないでしょうか?

7.空気が読めない

例をひとつあげると、服装やキャラクターを場に合わせない女。

清潔感が必要な職場で、みんなネイルを我慢してるのに、ド派手な爪を持つ女。

ヒールの靴を履きたいけど我慢してるのに、ヒールをカツカツカツカツ響かせて歩く女。
(しかもうるさい)


こういったように、みんなが我慢してる事をあえてやると、「ケンカ売ってんのかな?」って思います。

8.人の苦労を分からない、自分が一番大変と思ってる

みんな苦労をしてるんです。
みんながいっぱいいっぱいなんです。

でも人の苦労と知らないで、大変なのは自分だけと思ってる人も多くいるはず。

「〇〇さん暇ですよね?あれやっておいて下さい」

なって言ってませんよね?

ふとした言葉尻でも、そういった気持ちはつたわってしまうので要注意!!

9.忙しさや感情を顔に出す

目が釣り上がってませんか?
怖いですよ……

男性が忙しさや感情を出すよりも、女性がイライラしてた方が周囲は気を遣います。

10.周りに助けられている事を知らない

周りへの感謝がない。
そのくせ、自分は仕事が出来ると思っている。

ミスのフォローや付随業務など、いろいろ周りに手伝って貰っている事に気がついていないんですね。

そして偉そうな発言にイラっとするパターンです。


男がチヤホヤしたりフォローするからまたイラつくんだよ!と言う貴女に朗報


「女が嫌う女」を注意したりすると、男性がすかさずフォローする。
男性に「女が嫌う女」の愚痴を言うと、その女を擁護するような発言をされる。

それだけで火に油を注がれた気分になりますよね。

ですが安心して下さい。


「女が嫌う女」の事は、男も嫌っていますから。


「女が嫌う女」は、もしかしたら男が作り上げたものかもしれません。

チヤホヤされることで、自分で考える力や、自分で何かするという気持ちを無くしてしまったのかもしれません。

悲しい顔をすれば男が慰めてくれて、何かしようとすると男がフォローしてくれる。
イクラスのパーティでもチヤホヤしてくれる。

これでは、自立心が芽生えず、自己中心的な思考になってしまうのも当然かもしれません。

男が評価してるのは、その人自身ではなく、オンナとしての部分

男がチヤホヤするのは、その人の人柄ではなく、「オンナ」の部分です。

言い換えると、男の下心からチヤホヤしてるんですね。


それを勘違いして、「私はすごいんだ」って思ってしまうのが女に嫌われるゆえんでもあります。

ですが、若さや美しさが無くなっていくと同時に、セックスアピールも当然のことのように無くなっていきます。

オンナとしてのメリットが無くなれば、「女に嫌われる女」は地獄に落ちる

服装も髪型にも気を使ってる40代の女性がいました。
ガーリーな服装や雰囲気を出しているのですが、顔はオバさん。

今までオンナを武器に戦って来たので、仕事自体はできません。
そのくせ、チヤホヤされていたのでプライドと自己愛だけはやたらと高いのです。

そんな人からオンナを取った時に残るのは、周りからの嫌悪感のみ。
おそらく彼女は、未だに周囲からの嫌悪感と戦っていることでしょう。


これが先に書いた、「女に嫌われる女」は男からも嫌われると言う意味です。


*******************

しっかり周囲とコミュニケーションが取れる人は、客観的視点をもって、柔軟に考えられる人だと思います。

自己中心的な思考を持った人は、周りから弾かれます。

特に女性の職場といわれている所では、なおはらではないでしょうか?


自分がそういう人にならないよう、常日頃の言動から気をつけて行きたいものです。



こんな人おるわ!って思われた方はクリックをお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村