神道的生活

神道とは、人生を充実させることと見つけたり

大祓詞(おおはらえのことば) 全文

f:id:EitaMido:20180411215629j:image

 

高天(たかま)の原(はら)に 神留(かむづ)まります


皇(すめら)が睦(むつ) 神漏岐(かむろぎ)・神漏美(かむろみ)の命以(みことも)ちて


八百万(やほよろづ)の神等(かみたち)を 神集(かむつど)へに集(つど)へ給(たま)ひ


神議(かむはか)りに議(はか)り給(たま)ひて


我(あ)が 皇御孫(すめみま)の命(みこと)は

 

豊葦原(とよあしはら)の瑞穂(みづほ)の国(くに)を


安国(やすくに)と 平(たひ)らけく 領(し)ろし召(め)せと 

 

言依(ことよ)さし奉(まつ)りき。

 


斯(か)く依(よ)さし奉(まつ)りし国内(くぬち)に 

 

荒(あら)ぶる神(かみ)たちをば


神問(かむと)はしに問(と)はし給(たま)ひ

 

神掃(かむはら)ひに掃(はら)ひ給(たま)ひて


言問(ことと)ひし磐根(いはね)・樹根立(きねた)ち

 

草(くさ)の片葉(かきは)をも言止(ことや)めて


天(あめ)の磐座放(いはくらはな)ち

 

天(あめ)の八重雲(やへぐも)を 

 

厳(いづ)の道分(ちわ)きに道分(ちわ)きて

 

天降(あまくだ)し依(よ)さし奉(まつ)りき。

 

斯(か)く依(よ)さし奉(まつ)りし四方(よも)の国中(くになか)と

 

大倭日高見(おほやまとひだかみ)の国(くに)を 安国(やすくに)と定(さだ)め奉(まつ)りて

 

下(した)つ磐根(いはね)に宮柱太敷(みやばしらふとし)き立(た)て

 

高天(たかま)の原(はら)に 千木高構(ちぎたかし)りて

 

皇御孫(すめみま)の命(みこと)の 

 

瑞(みづ)の御殿仕(みあらかつか)へ奉(まつ)りて

 

天(あめ)の御陰(みかげ) 日(ひ)の御陰(みかげ)と隠(かく)り坐(ま)して

 

安国(やすくに)と 平(たひ)らけく知(し)ろし召(め)さむ国内(くぬち)に成(な)り出(い)でむ

 

天(あめ)の益人等(ますひとら)が 過(あやま)ち犯(をか)しけむ種々(くさぐさ)の罪事(つみごと)は 

 

天(あま)つ罪(つみ)・国(くに)つ罪幾許(つみここ)だくの罪出(つみい)でむ。

 

斯(か)く出(い)でば 天(あま)つ宮事以(みやごとも)ちて 天(あま)つ金木(かなぎ)を本(もと)うち切(き)り


末(すゑ)うち断(た)ちて 千座(ちくら)の置(お)き座(くら)に置(お)き足(た)らはして


天(あま)つ菅麻(すがそ)を本刈(もとか)り断(た)ち 

 

末刈(すゑか)り切(き)りて 八針(やはり)に取(と)り裂(さ)きて

 

天(あま)つ祝詞(のりと)の太祝詞言(ふとのりとごと)を宣(の)れ。


斯(か)く宣(の)らば 天(あま)つ神(かみ)は 

 

天(あめ)の磐門(いはと)を押(お)し披(ひら)きて


天(あめ)の八重雲(やへぐも)を厳(いづ)の道分(ちわ)きに道分(ちわ)きて 聞(き)こし召(め)さむ。

 

国(くに)つ神(かみ)は 高山(たかやま)の末(すゑ)・低山(ひきやま)の末(すゑ)に上(のぼ)り坐(ま)して


高山(たかやま)の伊褒理(いぼり)・低山(ひきやま)の伊褒理(いぼり)を掻(か)き分(わ)けて 聞(き)こし召(め)さむ。


斯(か)く聞(き)こし召(め)してば 罪(つみ)といふ罪(つみ)はあらじと


風(し)な所(ど)の風(かぜ)の 天(あめ)の八重雲(やへぐも)を吹(ふ)き放(はな)つことのごとく


朝(あした)の御霧(みぎり)・タ(ゆふべ)の御霧(みぎり)を 朝風(あさかぜ)・タ風(ゆふかぜ)の吹(ふ)き払(はら)ふことのごとく


大津辺(おほつべ)に居(を)る大船(おほふね)を 舳解(へと)き放(はな)ち 艦解(ともと)き放(はな)ちて


大海原(おほうなばら)に 押(お)し放(はな)つことのごとく


彼方(をちかた)の繁木(しげき)が 本(もと)を焼鎌(やきがま)の利鎌以(とがまも)ちて 打(う)ち掃(はら)ふことのごとく


遺(のこ)る罪(つみ)はあらじと 祓(はら)へ給(たま)ひ清(きよ)め給(たま)ふことを


高山(たかやま)の末(すゑ)・低山(ひきやま)の末(すゑ)より 

 

さくなだりに落(お)ち激(たぎ)つ速川(はやかは)の瀬(せ)に坐(ま)す 瀬織津比売(せおりつひめ)といふ神(かみ)


大海原(おほうなばら)に 持(も)ち出(い)でなむ。


斯(か)く持(も)ち出(い)で往(い)なば 荒潮(あらしほ)の潮(しほ)の八百道(やほぢ)の


八潮道(やしほぢ)の潮(しほ)の八百会(やほあひ)に坐(ま)す 速開(はやあ)きつ姫(ひめ)といふ神(かみ)
持(も)ちかか呑(の)みてむ。
斯(か)くかか呑(の)みてば 息吹(いぶ)き処(ど)に坐(ま)す 息吹(いぶ)き処主(どぬし)といふ神(かみ)


根(ね)の国(くに)・底(そこ)の国(くに)に息吹(いぶ)き放(はな)ちてむ。


斯(か)く息吹(いぶ)き放(はな)ちてば 

 

根(ね)の国(くに)・底(そこ)の国(くに)に坐(ま)す 速流離姫(はやさすらひめ)といふ神(かみ)


持(も)ち流離(さすら)ひ失(うしな)ひてむ。


斯(か)く流離(さすら)ひ失(うしな)ひてば  罪(つみ)といふ罪(つみ)はあらじと 


祓(はら)へ給(たま)ひ清(きよ)め給(たま)ふことを 

 

天(あま)つ神(かみ)・国(くに)つ神(かみ)
八百万(やほよろづ)の神(かみ)たち 共(とも)に聞(き)こし召(め)せと白(まを)す。