神道的生活

神道とは、人生を充実させることと見つけたり

脚下照顧(きゃっかしょうこ)〜未来のために、今を整える

f:id:EitaMido:20180329204746j:image

 

脚下照顧(きゃっかしょうこ)

 

未来への期待や不安に囚われずに、今現在の立ち位置を把握し、「今出来る事」を大事にすること。

 

 

人生の道を歩き出すためには、最初の一歩が大切

 

キロロというアーティストの『未来へ』という歌が、この禅語の本質を突いています。

 

歌詞の中に、

ほら、足元をみてごらん

これがあなたの歩む道

という言葉があります。

 

当たり前の事ですが、未来は現在と繋がっています。

現在なくして未来は無しなのです。

 

未来という道を歩いていく。

だからこそ、まずは足元が大切。

最初の一歩がなければ、道は歩けません。

 

いつかやろう、ではなく、今この瞬間を大事にする。

今この瞬間の環境をベストなものにする。

今この瞬間に出来る事をやる。

 

人は必ず未来に到達します。

その道を歩き始めるためには、まず自分の足元からの第一歩を踏み出さないといけないのです。

 

 

未来のために、今現在の自分ができる事から始める

 

私が学生の頃の話です。

就活中の面接でコンサル会社の懇談会に参加した時に聞いたお話です。

 

コンサル会社を志している学生の多くは、何かしらの夢を持っています。

そんな未来ある学生に対して、そのコンサルタントが送った言葉。

 

「やりたいことがある人は多いと思います。ですが、いまそのやりたい事に向けて努力をしているでしょうか?」

 

「いますぐにその夢を叶えることは不可能でも、今すぐにできる行動があるはずです。」

 

「本を読むのでもいい、人と会うのでもいい、文章を一行書くだけでもいいから、今なにか出来ることを始めなさい。」

 

私も学生相手に話す年齢になって、この言葉の意味を実感しています。

 

 

その時が来たらやっと動くのでは遅すぎます。

最後は積み重ねてきた人生の資産がモノをいうのです。

 

あなたの志す未来は現在につながっているのです。

 

だからこそ、未来のために現在の足元の行動や環境をコツコツと整えて、積み上げていくことが重要となるのです。

 

 

自分の今・現在をしっかりとみつめること

 

皆さんが危険な道を歩くときはどうするでしょうか?

・自分の靴を確認する

・自分の足がある位置を確認する

・道の状況を把握し、次の一歩の場所を決める

・身体のバランスを崩さない位置や体勢を整える

 というような事をするのではないでしょうか?

 

人生という道を歩く時も同じこと。

・自分自身の事を、良いところも悪いところも把握する

・自分のいる位置や状況を確認する

・周りの状況の把握と分析をして、次をどうするか決める

・リスクにしっかりと備えて、全てを失わないようにする

このような事が大切になります。

 

自分自身をしっかりとみつめる事。

すべての結果の源は、自分自身なのです。

 

 

まとめ:人は誰でも人生の道を歩むもの

なんか自己啓発チックになってしまいましたが、生けとし生きるものは皆未来が待っています。

 

生まれたばかりの赤ん坊も、50のおっさんも、80過ぎたじいさんばあさんも。

夢がある人も、ただダラダラ生きたい人も。

すべての未来への道はイマココから歩み始めていくものなのです。

若干ダルいですがね笑

 

まずは足元をしっかりとみつめて、第一歩を踏み出していきましょう!