神道的生活

神道とは、人生を充実させることと見つけたり

30歳を過ぎたら、意図的に休息・リラックスをすべき理由

f:id:EitaMido:20180325111006j:image

 

30歳を過ぎた方、若い頃と比べて疲れやすくなった、体調を崩しやすくなった、など感じる事はありませんか?

 

30代は肉体的な折り返し地点だと言われています。

 理由は様々ですが、そのひとつとして、自律神経が関係していると言われています。

 

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。
交感神経は攻撃や活動を司るのに対して、副交感神経はリラックスや休息を司る神経です。

 

その副交感神経の働きが鈍ることにより、心身に様々な影響を及ぼしてきます。

 

 

副交感神経の働きが低下するため、リラックスモードにうまく入れなくなる

 

リラックスや休息を司る副交感神経の働きが鈍り出す年齢があります。

一般的に、男性は30代から、女性は40代から、副交感神経の働きが衰え出すとのことです。

 

つまり歳を重ねるごとに、攻撃や防御のモードに身体が入ることが多くなるということです。

 

ちなみに、男性の平均寿命は女性よりも10年短くなっているのは、この副交感神経の衰えが10年早いからだと言われています。

 

副交感神経の働きの低下が、健康やメンタル面に与える影響の大きさが分かりますね。

 

また30代40代になると、男女ともにストレスが多くなる生活を送ると思います。

仕事の責任や家庭の問題、老親の不安など、どっちを向いてもストレスに囲まれている生活。

そんな日常を送っていると、攻撃や活動を司る交感神経の働きが多くなります。

そうなると、さらに副交感神経の働きは低下してしまうのです。

 

副交感神経の低下がまねくデメリット

・血行不良

・ハゲの促進

・ホルモンバランスの崩れ

不眠症

・鬱や躁などのメンタル不調

・思考力が低下し、仕事の効率が上がらない

・太りやすくなる

・免疫系の働きが落ちて、体調を崩しやすくなる

・疲労感が抜けない

 

ざっと列挙しただけでも、これだけあります。

30代を過ぎると、身体機能的にも環境的にも副交感神経の働きが低下し、このような症状が出やすくなります。

 

なので、意図してリラックスをする時間を設けることが重要になります。

 

 

交感神経は悪ではない!あくまでもバランスを取る事

 

ここまで書くと、交感神経が活発になることは悪い事なのかと誤解されそうですね。

 

ですが、交感神経は活動や攻撃、防御を司る神経です。

仕事中に集中したい時や成果を上げたいとき、またはスポーツなどをするときには交感神経が大活躍してくれるのです。

 

問題は、交感神経が働き過ぎる事。

パソコンやスマホブルーライトも、交感神経を活発にさせるため、交感神経優位の時間が多くなってしまうのです。

 

肝心なものは、交感神経と副交感神経のバランスを安定させることだとご理解ください。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

若い頃は3日徹夜しても大丈夫でした。

なので、密かに自分のことを鉄人だと思っていました。

 

ですが副交感神経がうまく働かなくなった30代からは、身体にガタが来ることもしばしば。

 

働きづめや遊び過ぎはほどほどにして、自分の体を労わること。

それが自分の健康の為にもなりますし、仕事で成果をあげることにもなるのです。