神道的生活

神道とは、人生を充実させることと見つけたり

三輪山で起こった2つの不思議なこと

f:id:EitaMido:20180324091429j:image

 

日本のパワースポットの中でも5本の指に入ると言われている三輪山

 

去年の話ですが、三輪山に登拝してきました。

目に見えるような派手な不思議体験は無かったのですが、地味に不思議なことがありましたのでご報告します。

 

 

基本データ

〒633-8538 奈良県桜井市三輪1422

 

三輪山とは?

三輪山は、奈良盆地をめぐる青垣山の中でもひときわ形の整った円錐形の山です。

古来、大物主大神が鎮しずまる神の山として信仰され、『古事記』や『日本書紀』には、御諸山(みもろやま)、 美和山、三諸岳(みもろだけ)と記されています。

高さ467メートル、周囲16キロメートル、面積350ヘクタールのお山は松・杉・檜などの大樹に覆われて、一木一草に至るまで神宿るものとして尊ばれています。


また、山中には神霊が鎮まる岩が点在し、磐座(いわくら)と呼ばれて信仰の対象となっています。神社の古い縁起書には頂上の磐座に大物主大神、中腹の磐座には大己貴神、麓の磐座には少彦名神が鎮しずまると記されています。

引用元:大神神社 公式HPより

 

三輪山の登拝の仕方と注意点 

f:id:EitaMido:20180324082203j:image

画像引用:大神神社 公式HPより 

 

登拝方法

 

大神神社の鳥居をくぐって左に曲がった所に、摂社である狭井神社があります。

その狭井神社にてご登拝の受付をしています。

 

受付時間:午前9時から午後2時

下山報告:午後4時

登拝料:300円

※時間は厳守

 

登拝時の注意点

登山ではなく、登拝と表記していることにお気づきの方も多いと思います。

これは登山やハイキングではなく、神聖なる山への参拝なのです。

 

・飲食、火器の使用の厳禁

・カメラなどでの撮影の禁止

・水分補給以外の飲食の禁止

 

これ以外にも、

・登拝のコースから外れ、なんか祝詞を唱えてる

・団体で来て騒ぐ

・他の登拝者に悪絡みする

などの行為は行わない方がいいでしょう。

 

かなりパワーが強い場所になります。

上記のような自我の心より行われる行為は禁止です。

自我の心はあまり良くないパワーであり、そのパワーが増幅してしまうのです。

 

神社巡りは楽しむものと書きましたが、ここは楽しみの心は麓のコインロッカーに入れて来てください。

お水と畏みの心のみ持って、登拝を行なってください。

 

登拝の心得

 

登拝をする時には、自分を真っ白にするイメージで行きましょう。

三輪山はパワーがすごい場所です。

 

例えば日常のイライラや不安などを持ち込んでしまうと、それが悪影響を及ぼします。

もちろん全員ではありませんが、そのパワーが増幅されてしまう可能性があるのです。

また、聖なる三輪のパワーを受け取りにくくなってしまうのです。

 

また、パワーをもらうぞ!とか不思議な体験をするぞ!とかの意気込みも不要です。

頭の中を空っぽにして、パワーを入れるスペースを作ることが大切。

 

そのためにも、登拝口にある御幣を使って、邪念を取り払いましょう。

 

 

三輪山で起きた不思議な事

 

三輪山では、2つの不思議な体験をしました。

多分他人にとってはそんなに大それたものでは無いのですが…

 

猫背とストレートネックが治る

私は猫背でストレートネックなのですが、それが治りました。

電車で地元の駅に着くぐらいまで、その状態が続いていましたかね。

 

イメージでいうと、頭の先から身体の中心を通り、地面までまっすぐにエネルギーが通る感じでした。

 

長年悩んで来た猫背とストレートネックが、意識もせずにこんなに容易く治る?なんて考えられないことなので、かなり感動しました。

 他の山を登ってもそうはならなかったですからね。

 

あ、今はもちろん猫背とストレートネック全開フルパワーで営業してますので、何卒よろしくお願いします。

 

 

山頂の祭祀跡で呼吸ができなくなる

 

山頂に、岩でできた遺構がありました。

そこに相対した瞬間に、呼吸に変化が。

 

呼吸が乱れるというよりも、息をずっと吸い続けている自分に気づきました。

 

呼吸って、息を吐いて吸って、という運動ですよね?

それが、ずっと息を吸ってる状態が続きました。

 

 

それも30秒とかじゃ無かったです。

 

あ、やば、息って吐くんだよな?

息が吐けないけど、まっいーか♪

って感じが長く続いてました。

 

時計で確認したのですが、5分くらいは吸う状態でした。

でも苦しくなくて、逆に気持ちいい感じ。

 

そのエリアから離れるまではずっとそんな状態でした。

 

確かに少しも息を吐いていないんですけどね。

物理的法則を無視した出来事でした。

 

 

 

山頂の祭祀跡はなんだか懐かしい感じ

ただそれだけなんですが、何処かで見た風景だなと感じました。

 

小さい頃にそこに行った事があるような…

 

小学校の頃に毎日通った通学路をみた時の、懐かしい安心感みたいな、そんな感じをうけました。

 

世界と繋がっている感じ

これもただそれだけなので、すいません。

 

登拝中に、ずっとこんなイメージが頭の中をよぎっていました。

 

三輪山が大きな世界につながっていて、

 

そして三輪山を通じて自分が世界につながっている。

 

日常を過ごしていると、無意識で世界から孤立した存在だと感じてしまっていると思います。 

ですが、三輪山への登拝中は、世界ってひとつなんだなぁと無意識の内に感じていたのかもしれません。

 

 

まとめ:また行きたい!と思える数少ない場所

自分の傾向として、基本的に一度行ったスポットはあまり行きたいとは思いません。

例外として、やり残したことがある場所や、欲望渦巻く場所などへは何度も行きたいと思いますが。

 

ですがそんなことはお構い無しに、また行きたいと思える場所でした。

そんな場所は伊勢神宮や熊野など、数カ所しか経験はありません。

 

理由もなく行きたい!のです。

隙あらば近鉄電車に駆け込みたい衝動に駆られています笑

 

かなりオススメのスポットではあるのですが、パワーがあまりにも強いため、マナーには気をつけて登って下さいね。