神道的生活

神道とは、人生を充実させることと見つけたり

神社巡り、神社のはしごはいけないの?

f:id:EitaMido:20180318121038j:image

 

神社巡りを趣味にしている人が最近増えてきています。

神社の周りのグルメ屋さんや御朱印集めから始まり、そこの歴史や建物の様式など、見所はたくさんありますよね!

 

そんな神社巡りですが、一日に神社を何軒もまわるはしごはダメだ!と言う人たちもいます。

 

その俗説について徹底して解明していきたいと思います。

 

なぜ神社のはしごはいけないとされているの?

 

▼神様が嫉妬する説

一説によると、神様が嫉妬するからとの事です。

なんで他の神様のとこでもお願いしてんだよ!との具合でしょうか。

 

ですがご安心を。

日本の神社には嫉妬するような神様はいません。 

 

確かに、人間視点でみればあちこちでお願いをしてまわるのはムシのいい話でしょう。

そりゃ他のとこいくなら俺んとこ来るなよって思いますよね。

 

ですが、日本人が様々な宗教に対して寛容なように、日本の神様もその点に関しては寛容なのです。

 

 

▼エネルギーがバッティングする説

 

神社やパワースポットにも、いわゆる「食べ合わせ」のようなものがあります。

大概の神社やパワースポットは大丈夫なのです。

ですが、エネルギーの大きいパワースポット同士だと、エネルギー同士が混線してしまうことがあります。

 

カラオケでのマイクのハウリングや、コーヒーにコーラを入れたカップなどをイメージしてみてください。

 

ひとつだけなら完璧なのに、二つ合わさると不快感が生じますよね?

 

このようにエネルギー同士が悪い方向に作用する事もあるのです。

 

 

結論:なんの為に神社に参拝をしにいくの?が重要

 

大部分の神社やパワースポットでは、参拝をしに行って何を得たいのかが重要になります。

 

▼観光ついでや、なんとなくご利益を得たい場合

 

こういった場合は、何軒も回ってもOKです。

 

何軒もはしごをしたからといって、神様から悪影響を与えられません。

 

楽しむことがポイントです!

 

 

▼ガチで参拝をする場合 

 

例えば、神様への感謝や、100パーセントご利益やパワーを受け取りたい場合は、神社のはしごはオススメできません。

 

・自分のアンテナが定まっていない、複数に向いていると、受け取るパワーが少なくなる

・神様に向かう姿勢に謙虚さがなくなり、パワーが流れてこなくなる

 

 

こういった理由から、本当にその神様やパワーに向き合いたいのであれば、はしごはオススメしません。

遠方であっても一つの神社やパワースポットのみに絞り、あとは観光に回した方がいいと思います。

 

 

マナーはしっかりと守ること

まず、周りに迷惑をかけない。

これは人間としての常識です。

自分だけが良ければいいというような人には、神様も振り向きません。

 

そしてパワースポットや神社などは、人のエネルギーを増幅させます。

周りの人から負のエネルギーを向けられると、その負のエネルギーが何倍にもなってこびりついてきます。

 

マナーはしっかりと守ること。

観光目的や御朱印ラリーでも、最低限の体裁は取り繕ったほうが無難です。

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

人生に色々あるように、神社に参拝する理由は人それぞれにあるはずです。

 

神様に感謝をしに行くも良し、観光しに行くも良し、御朱印ラリーをするも良し、写真を撮りに行くも良し。

 

神社はなんでも受け入れてくれますよ。

おじいちゃんおばあちゃんが、幼い孫を見るような気持ちで神さまは見守ってくださってます。

 

何度もこのブログで言っていますが、あまりストイックになりすぎずに、感謝を持って楽しんでくださいね!

 

それがあなたの為にもなりますし、あなたの子供・孫たちに文化を継承するということになります。