神道的生活

神道とは、人生を充実させることと見つけたり

占いとの上手な付き合い方

f:id:EitaMido:20180314212942j:image

 

人間は占いが好きなものです。

まだ見えぬ未来を見通したいというのは、人間のサガなのでしょう。

 

古代の為政者などは、占いを元に色々な出来事を判断していました。

そして科学技術が発達した現在も、占いがブームとなっています。

しかも一般人より、芸能人や経営者、政治家の方々が占いを信用するパターンが多いと感じます。

 

 

さて、あなたは占いに関してどう感じますか?

 

うさんくさい?

 

確かに、コールドリーディングなどの技術を使う占い師はいます。

コールドリーディングとは、占い師が相手を信用させるために使う話術の事です。

相手がまだ何にも言っていない段階にも関わらず、相手の事を当ててしまうというもの。

 

3種類のやり方があります。

・誰にでも当てはまるような事を言う

・相手が言って欲しい事を言う

・相手の言動を見て、相手の性質を予測する

 

ただしコールドリーディングを使う占い師は、現在は多くないと感じます。

なぜならコールドリーディングの手法が有名になり、クライアントにすぐに見抜かれてしまうからです。

 

個人的な経験からですが、我々の常識では測れないものは確かに存在していると断言できます。

 

私が会った占い師の中で、2人ほど確実に自分の未来を当てた占い師がいます。

 

ひとりは、数年前に会社を経営していた時、その会社の解散時期と原因を見事に言い当てました。

ちなみに解散時期は月単位で、解散原因は特殊なものでしたので、びっくりしました。

これはコールドリーディングでは説明がつかない出来事です。

 

 

「たくさんの占いをすると、生命力が弱まりますよ」の本当の意味

 

これは、先にあげた「当たる」占い師の先生の言葉です。

 

当時は、この言葉の意味が分かりませんでした。

自分で解決しなさい、という意味なのだとずっと思っていました。

 

実は占いを信じるという事は、自分の柔軟性や生きる力を削ぐという事なのです。

占いとは未来の固定化です。

固定された未来しかない、未来は決まっているという考え方が、人間のエネルギーから柔軟性やみずみずしさを奪います。

 

柔軟性やみずみずしさは、生命力そのものです。

 

それを失うという事は、エネルギーが枯れていくということ。

すなわち、生命力が弱まるということです。

 

占いに行けば、運命は決まっているという考えが強まります。

なので占いをヘビーローテションしている人は、生命力が弱まってきてしまうのです。

 

 

占いが当たりやすい人は、ある特徴があった!

 

 

してもらった占いがよく当たる人。

こういう人は要注意です。

 

なぜなら、占い師が当てやすい人の特徴として、

 

・我欲に囚われている人

・ネガティブ、破滅思考の人

・精神的にかなり病んでる人

・悪い霊やエネルギーがこびりついている人

・攻撃的で、ずるい人

・自己中な人

 

があげられます。

 

つまり、考えやエネルギーに柔軟性やみずみずしさが無くなっている人なのです。

 

こういう人は未来が決まりやすいのです。

 

霊的にも何のフォローもご加護ももらえません。

 

また、自分で何かを切り開くということがないので、自分の外からの出来事に左右されやすいからです。

大体の場合、人に起きる幸運や不幸はパターン的に決まっています。

その出来事にどう対処するかが、その人の価値なのです。

生命力が弱い人の場合ですと、出来事への対処が一辺倒なので、予測しやすいのです。

 

ですので、占いが当たった!と喜ぶ前に、まずは自分自身を見つめなおしてみませんか?

 

 

運命は作っていくもの

 

最後に、自分の運命とは、自分で作って行くものです。

 

未来は決まっていません。

今ある自分のもっているものや、時間や、状況は決まっています。

ですが、それを使ってどうやって行動するかは決まっていません。

それ次第で良くも悪くもなります。

 

 

占いの結果が良くても悪くても、それに左右されずに、エンターテイメントと割り切って占いを楽しんでください。