神道的生活

神道とは、人生を充実させることと見つけたり

陰謀論の元ネタ・シオン賢者の議定書とは?二十四議定をわかりやすくしてみた!

 f:id:EitaMido:20180310110406j:image

 

 

シオン賢者の議定書とは

 

 f:id:EitaMido:20180310110528j:image

 

この文書は1897年8月29日から31日にかけてスイスのバーゼルで開かれた第一回シオニスト会議の席上で発表された「シオン二十四人の長老」による決議文であるという体裁をとっている。

 

つまり、ユダヤ人のトップ24人が集まって、今後の世界について決めた会議の決議文ということです。

 

偽書と言われているが、現代社会に当てはまることが多い

 

この書は一般的には偽書と言われています。

ただし、100年前に書かれたものでありながら、ほぼ全ての議定現代社会に当てはまっています。

 

そこにユダヤ人が関与し、支配しているか分かりません。

 

ですが現代社会の諸問題の仕組みに当てはまっている以上、偽書として切り捨てるのはいかがなものでしょうか。

 

 

なにが書かれているの?

ゴイム=家畜人の飼育法!?

 

f:id:EitaMido:20180310110755j:image

 

まずはゴイム=家畜人というワードを覚えてください。

ゴイム=家畜人とはユダヤ人以外の全ての人間を指します。

また、ゴイム=家畜人は快楽や情動によって動く下等な生き物である、という前提に立って書かれています。

 

 

・ゴイムはユダヤ人の為に金を生む家畜人である

ユダヤ人はゴイムたちの調教師、管理人であるべきである

 

こういったユダヤ人とゴイム=家畜人の関係性と飼育法について書かれています。

どうしたらゴイム=家畜人がゴイムであり続けるのか。

そして効率よく金を生み出させるためにはどうするかが書かれているのです。

 

 超訳ユダヤ賢者の議定書の二十四議定リスト

 

f:id:EitaMido:20180310110810j:image

 

 

第1議定:ユダヤ人とそれ以外(ゴイム=家畜人)を区別し、同類と思わないこと。ユダヤ人がゴイムを支配すること。

 

第2議定:経済を支配してユダヤ人の優越を決定する。その為にスパイやメディア等を利用すること。

 

第3議定:すべての分野において、わざと対立に火種を生じさせ争わせておくこと。

 

第4議定:ゴイムには、3S政策や欲望をあおる商品などを餌として与え、思考力を奪うこと。その際に、ゴイムが落とした利益は、ユダヤ人に流れるようにする。

 

第5議定:ゴイムたち同士を理解させないようにし、政治不全や軋轢を生むように仕向けること。

 

第6議定:ゴイムたちに贅沢を奨励し、金儲けを推奨する。ゴイムにお金を生ませて、ユダヤ人がそれを回収する。

 

第7議定:対立を生じさせること。その際に我々は中立の偽善者となり、裏では謀略を図り漁夫の利を得ること。

 

第8議定:社会の上級層、インテリ(政治家、弁護士、医師、メディア、官僚、経営者、など)に特殊教育を与えて、我々に従うように陰ながら洗脳をすること。

 

第9議定:教育を支配し、ゴイムたちに人間たるに値する真の精神を教えない事。また、我々から目を背けさせる事。

 

第10議定:世界統一政府=ユダヤ政府を作るために、自由主義をゴイムに与えること。自由主義とは、国の機能と人間的な価値観を弱めるものである。

 

第11議定:クーデターや戦争の後の混乱期に、ユダヤ人の望む憲法を成立させること。

 

第12議定:ゴイムに言論の自由があると錯覚させた裏で、すべての情報を検閲し支配する。

 

第13議定:この世の全ては進歩していて、進歩したものが絶対善だと信じさせる。文化や伝統などは古臭いものだと思わせる。

 

第14議定:安楽で快楽的な生活を当たり前のこととして与え、政治や人間的生き方を考えることはナンセンスだと思い込ませる。

 

第15議定:政府の無力さをゴイムに気づかせ、反抗的な気持ちを植えつけておくこと。

 

第16議定:大学ではユダヤ人の理想の社会に関する事のみを◯◯学として教えることで、我々の社会の仕組みをゴイムが強化する。

 

第17議定:賄賂や不正、ズルなどをひろめ、ゴイムたちがお互いに監視し批判しあう社会にすること。

 

第18議定:我々ユダヤ人が、ゴイムたちの希望や請願を叶える存在だと認識させること。

 

第19議定:我々の考えや戦略にそぐわない政治家や教育者、思想家は弾圧し批判すること。排除を徹底すること。

 

第20議定:税金や国債を増やすことで、個人や国家に富が集中しないようにすること。

 

第21議定:国債=国の借金を作ることで、国は借金を返すために借金をするようになる。国の金庫に負担をかけさせること。

 

第22議定:我々の持っている莫大な金を投資してシステムを強化し、ゴイムたちにさらに金を生ませること。

 

第23議定:ゴイムが従うのは優しさや恩よりも、権力や金である。権力や金が優しさよりも優先するような社会にし、そこに我々が君臨する。

 

第24議定:世界の支配は我々によってのみ行われるという原則を絶対的に保つこと。