神道的生活

神道とは、人生を充実させることと見つけたり

日本人の精神を産んだのは、恵まれた自然資源

「日本は神の国である」と発言した政治家が叩かれてから20年が経とうとしています。

 

日本が神の国だという理由の一つに、人が生きていくための資源が多くあるということがあります。

森にはどんぐり、トチ、アケビなどの果物。

川には魚、さらに海には魚以外にも貝や海藻。

動物もたくさんいる土地であるということです。

 

その恵まれた自然があったからこそ、生存に余裕がうまれ、精神的にも発達するのです。

和と礼を大切にする人間性は、この日本という国土が産み、育んできた財産といえます。

 

自然に感謝しましょう。