神道的生活

神道とは、人生を充実させることと見つけたり

悪口、陰口、愚痴を言いまくった結果w

因果応報という言葉をご存知でしょうか?

自分がやったことの相応の事が自分に返ってくるという現象を指します。

 

 

人の陰口を叩くのが好きな人も多いですが、それが自分に返ってくるというお話。

 

人は、陰口や悪口、愚痴をたたくのが好きな生き物ですね。

学校、職場など、人が集まると陰口愚痴悪口が横行するのが世の常です。

日本人だけではありません。

中国人もタイ人もアメリカンもフランス人も、人の動向と言うのは常に気になるのですね。

 

冒頭で、陰口や悪口を言うと自分に返ってくると書きました。

それは「次は自分の番になるのだ」と言う事ではありません。

もっとも、人の悪口や愚痴を言っている環境や性格であれば、次は自分がターゲットとなるのは明白ですが……

 

今回はもう一歩踏み込んで考えてみたいと思います。

 

さて、愚痴や悪口、陰口を言っている人で幸せそうな人はいますか?

恐らく、幸せそうに見える人なんていないんじゃないでしょうか?

 

それは、愚痴や悪口、陰口を言っている人が、不幸で厳しい世界に住んでいるからです。

 

彼ら、彼女達はどのような世界に住んでいるのでしょうか。

・恐怖や不安の対象がドーンと存在している世界

・「しなければならない」「こうでなければならない」と言うルールに縛られる

・将来、愚痴悪口の対象となる可能性(食うか食われるか、疎外される)、周りの人が自分を攻撃しているのではという不安感

 

こういう世界に住んでいると、周りのものが全て敵か味方かで判断しがちになります。

こんな思考が生むのは常に敵です。

味方に見えても全て敵になります。

疑心暗鬼になります。

可哀想な人たちなんです。

 

これは悪口や愚痴を言うのをただ単に辞めればいいと言うものではありません。

問題は複雑なのです。

こういった悩みを持つクライアントさんはかなり多かったと記憶しています。

 

ただ一つだけ言えるのは、こういう世界を育てあげたのは自分自身です。

すぐにその世界を壊す事の出来る処方箋はありません。

この世界を変えるためには、きっかけとして、何かの出来事や経験=本質的な気づき が必要です。

そこから少しづつ少しづつ、時間をかけて新たな世界を育てるしか無いのです。

 

もし自分がその世界にいる、または入って行きそうだと思ったら、早めの軌道修正が必要だと感じます。

 

愚痴の世界に深く入り込んだまま身罷ると、死後の世界ではもっともっと辛い世界で生きることになりますよ。うふふ。