神道的生活

神道とは、人生を充実させることと見つけたり

大和民族の成り立ちと、最近の移民政策

最近、よく耳にする言葉ですが、

日本は色々な民族が混じってできた国だ!

というものがあります。

 

そういった論調を耳にするのは、移民政策の影響でしょうか?

世の中がそういう風潮になってきたので、そういう面がピックアップされているのだと感じます。

 

確かに、大和民族はたくさんの人種の混血で出来ています。

ポリネシア、中国ルート、朝鮮半島ルート、ベーリング海から、東南アジアから…

日本列島に各方面から人が流れてきました。

便宜上、彼らを渡来人と呼びます。

 

ですが、これは移民を日本に入れる口実にはなりません。

 

それはなぜなら、渡来人が日本の文化や言語、風習に自分自身を合わせたからです。

完全な許容はしてはいませんが、日本の先住民に溶け込んでいった。

日本先住民という軸に、様々な人種の知識や血が溶け込み、社会はさらに発展をしていきました。

そして、他の文化や知識を取り込んで日本流にアレンジしてしまう、いわゆる魔改造をする風土とノウハウを生み出しました。

それが今までの日本の発展につながっています。

 

さて、現代の移民はどうでしょうか。

大量で押し寄せ、彼らの言葉を使い、大したノウハウも持たず、働かないわりに声が大きい。

武力を持たない侵略者に見えるのは私だけでしょうか。

 

外国人が悪いということは一概には言えません。

移民がデメリットしかないということもないでしょう。

 

ですが、大和民族の源流を理由に移民や外国資本を入れることは大きな間違いです。

騙されないように注意しましょう。